神崎和也コンサルタントコラム

どこにあるかでお金の価値は変わるのか?

私がこの仕事を始めてから、
一番戸惑ったのは中小企業経営者の金銭感覚でした。

基本的に弊社に相談に来られる経営者は困窮の極みにある方が大半です。

なんせ、事業再生をメインにしているコンサル会社なのですから、、、

事業再生と言ったって、何も特効薬がある訳でもなく、
出費を抑え、入金を増やし、
キャッシュフローの改善を図っていくしかありません。

やりくりすれば短期的に立ち直るとまでは確約できないが、
当面事業継続が可能だと判断すれば、
それを『経営改善計画書』と言う形に纏め、
金融機関を中心とした債権者の皆様にご支援をお願いし、
時間をかけて事業の再構築を図っていく事が肝要です。

当然、我々はそのクライアントの事業に関して
特段の知見がある訳でもありませんので、
金融機関対策や、経営改善計画の作成のお手伝いと
それを予定通り実行できるように
サポートしていく事がメインになってきます。

その中で、当然販管費の適正化と言うのは、
固定費の削減の為の大きなファクターとなりますので、
各勘定科目を詳細にチェックさせていただいているのですが、
この時に非常に違和感を覚える事が多いのです。

簡単に言えば、BSやPLに記載されている10,000円と
自分の財布の中にある10,000円札の価値が等価である事を
あまり意識していない経営者が大半です。

『社長、倉庫の中や机の中を整理整頓すれば、
未使用の事務用品や消耗品がたくさんありますから、
半年間は買わないようにしましょう。』とか、
『このレンタル契約は解約しても問題ないじゃないですか。』とか、
数千円、数万円単位の削減策を提案しても、
『神崎さん、今、弊社に必要なのは
今月末に手形を落とすための2,000万円なんですよ。
そんな細かい費用はどうでもいいんです。』とかいう社長が多いのです。

勿論、こちらも素人ではないのですから、
そんな事は言われなくてもわかっています。

『手形の件は手形の件で何とか対策を打ちますが、
今自分自身の意思だけで出来る、
小さな出血も止めない手はないでしょう。

【隗より始めよ。】ですよ、社長。

先ずできる事からしていきましょうよ。

年商12億円の御社にとって5万円は誤差の内だという事は
私も理解しています。

でも、その5万円が会社の資金である場合と、
社長個人のお金の場合で価値は変わるのですか?

5万円は5万円ですよ。

その証拠に、私が今この場で社長の財布から黙って5万円を抜いたら、
流石に温厚な社長でも怒るでしょう。

逆に、奥様に何も言わず5万円をお小遣いだと渡したら
とても喜んでもらえると思いますよ。

つまり、どこにあっても、誰が持っていても、
5万円は5万円です。』

これは経営者だけではなく、一般社員にも言えます。

自分のお小遣いやへそくりから10万円無くなれば大騒ぎする人が、
会社のお金となれば10万円は
鼻くそみたいな誤差だと考えている人が多いと思います。

このあたりの感覚をどうしていくかが、
その会社が再生できるかどうかの大きな分岐点に
なってくると感じています。

そういう私も、ベネツィアンやサンズで目の前に
黒いチップ(一般的にUSD100)が100枚あっても、
その時のそれは100個のプラスティックの塊であり、
上から見ても横から見ても、ついでに齧ってみても、
とても108万円と等価には思えません。

と言うより、そう意識した瞬間、手が縮み
30分後にはスッカラカンになるのがオチでしょう。

こんなもん、ただのプラスティックの塊や、とことん行ってまえ!
引いたらまけじゃ!
と言って、本当に100回中90回は泣きながら帰ってくるものです。

いやぁ、まだまだわしも修行が足りん!

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 神崎和也コンサルタントコラム 『セブンカフェで見極めるカイゼン能力』を考察
  2. 神崎和也コンサルタントコラム 今こそ立ち上がれ、Mrs.Watanabe
  3. 神崎和也コンサルタントコラム えらいこっちゃ!自宅が競売になってしもた!
  4. 神崎和也コンサルタントコラム 『目標の立て方』は、かくあるべし
  5. 神崎和也コンサルタントコラム 国会の代議士のプロ根性を斬る
  6. 神崎和也コンサルタントコラム SMAP解散! それがなにか?を論評します
  7. 神崎和也コンサルタントコラム 生活保護を憂うコラム=額に汗して勤労を!
  8. 神崎和也コンサルタントコラム ナニワの評論家が、子供の教育問題を斬る!
PAGE TOP