宮内正一コンサルタントコラム

ビミョーなニュース速報

「小さな会社のための正しいリスケの進め方」(同文館)の出版に続き、
「月間銀行実務」12月号に「特別企画」を寄稿しましたので、
機会あれば是非ご覧下さい。

さて、今回は微妙なニュースを取り上げたいと思います。

先日私のクライアントの社長から電話がありました。
「宮内さん、今日の日経新聞みた?」
「この記事の通りやったら、
借入金が資本金になって、銀行に返さんでもええようになるらしいんやけど」
という問い合わせがありました。

…クライアントも私と同じく大阪人ですので、ベタな大阪弁で
借りたお金が資本金になって、返さんでもようなる????

「確かにあの新聞記事だけみたら誤解する人もいるわなー」と
感じましたので、今日のメルマガのお題にさせていただきます。

平成23年11月22日、金融庁は『「資本性借入金」の積極的活用について』、
と題する発表を行っています。

クライアントはこのプレスリリースの新聞記事を見て、
私にTELしてきた訳です。

リリースの要点を列記しますと、次のようになります。

・震災の影響で資本が毀損している、
 又は円高の影響で財務内容が悪化している企業が今回の対象

・金融当局はそれらの企業に対して、
 資本性借入金の積極的な活用する事を推進する
 …DDS、デッド・デッド・スワップという手法…
 既存の借入金を返済順位の低い借入金に置き換える事。
 返済順位の低い借入金は、資本とみなす事ができる。

・つまり、既存の「借入金」をDDSで「資本性借入金」に変更すると、
 ⇒見かけ上の借金が減少し、資本が増加する…何かトリックのような感じ…
 ⇒バランスシートが綺麗になる…自己資本は増えるし、借金は減るし…
 ⇒債務者格付けが上がる…銀行の付けているランキングが上がる
 ⇒その結果、新規融資が受けやすくなる、というものです。

格付けについては、別のメルマガで説明した事があるので割愛しますが、
このリリースによって「よう判らんけど、早速銀行に依頼してみよ」
という社長がいらっしゃるかも知れません。

しかしながら、私見ですがこの制度、ほとんどの中小、
特に零細企業には当てはまらないと思われます。

まず何より、借入金は借入金です。
一時的に資本性のものに振り替えたとしても、
将来は必ず返さなければなりません。
借入金が無くなる事は決してありません。

又、銀行から見て「絶対返してもらえる見込のある企業」が対象で、
「今しんどいから、とにかく助けてほしい」という企業に
対象になりえません。

見方を変えれば、銀行が絶対助けなければならない企業は対象になりえます。

つまり大口先すぎて、
倒産でもされたら銀行が赤字決算になりかねない企業です。

しかし、ほとんどの中小企業はここには当てはまらないでしょう。

更にこの手法、実は以前から存在しています。

今回の方針発表は、
既に存在するDDS(劣後債=返済順位が低く資本とみなす:金利0.4%)
という手法を、実務的に使いやすくした、
という程度のものでしかありません。

しかし、一般の中小企業経営者には、そんな事は判りませんよね。

政府にとっては、大震災や急激な円高で苦しんでいる中小企業を助けたい、
と思っての事かもしれませんが、
現実にはそんな理由で恩恵を受ける中小企業は少ないでしょう。

(私に連絡してくれたクライアントのように)経営者にとって、
政府の施策をウォッチするのは大事な事とは思います。

しかし中小零細企業が、そのよう施策の恩恵を蒙る事は少ないと思われます。

経営者にとって大事な事は、自社の現状を直視し、
日々不断の努力を続ける事です。

弊社はそんな中小零細企業を全力でサポートします。
ご相談があればお気軽にご連絡いただければと思います。

 

関連記事

  1. 宮内正一コンサルタントコラム 銀行に「取りあえず運転資金を貸して」は禁句です
  2. 宮内正一コンサルタントコラム 出口戦略の主導権を握ろう!の巻
  3. 宮内正一コンサルタントコラム 火災が起きれば119番 プロが必要な時はプロに任せましょう!
  4. 宮内正一コンサルタントコラム 借りても返さんでええおカネがあるんでっっせーー!?時事ネタ
  5. 宮内正一コンサルタントコラム 『フィデューシャリー・デューティー』とは何ぞや
  6. 宮内正一コンサルタントコラム チェリーピッカーにご用心!
  7. 宮内正一コンサルタントコラム 銀行頭取のテンションが下がった日
  8. 宮内正一コンサルタントコラム そろそろ保証人から外してよ大作戦の巻~(^^)/
PAGE TOP