宮内正一コンサルタントコラム

銀行の言いなりになったらダメよダメダメ?! 間違いだらけの銀行付き合い解消法

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー、宮内です。

本日は年商10億、銀行取引6行、リスケ・条件変更5年目企業の
バンクミーティングを、30分チョイでかるーく切り抜け、
汗だくになりながら会社に戻ってまいりました。

しかし暑いっすねー。まだ5月やのに30℃超えはあんまりです(執筆時点)。

そんな時期、何とも暑苦しい事に、
宮内がセミナーを開催する事になっちゃいました。
同僚の神崎常務執行役員=フランチャイスビジネスの超オーソリティー、
とともに約2時間程しゃべくり倒す予定です。

6月半ば頃には告知活動に入るようなので、
そろそろネタを整理せんといかんなー、と思っております。

ご承知の通り、喜望大地のセミナーと言えば洲山会長!が
メインなのですが、私がやるからには、
会長とは毛色の違う事をやらなマズイ!という事で、
大体こんな感じの中身にしようかと思っています。

タイトルは、
「銀行の言いなりになったらダメよダメダメ?!」
「間違いだらけの銀行付き合い解消法」

肝心の中身はというと…
1.アベノミクスで中小零細企業は救われない!
2.そんな時代、金融リテラシーの無い社長は危うい!
3.正しいおカネの借り方を知らない社長が沢山!
4.そもそも、自社はおカネを借りれる会社か?
5.銀行から借りなれなくなったらどうする?
6.元金どころか、金利も返せなくなったどうする?
7.何が何でも事業を諦めない方法がある!?

中身については少々時間もあるので、
これからプラッシュアップしますが、
私のコンサルタントとしての問題意識、
立ち位置を明確にした内容にしたいと思っています。

・銀行と中小零細企業社長の間には、大きな断絶がある
・原因の一つは、社長が「カネを借りている負い目」で
 諦めの境地にある事
・しかし、本当は「情報の非対称性」こそが大問題
・情報の非対称性とは、銀行員は知っているが、
 債務者たる経営者は知らない金融ルールが多々あるという
 ギャップの事
・知らない側は、常に知っている側の論理に対抗できない
・結局は銀行の言いなりになって、主張すべき事が主張できない

この断絶を埋め、社長が銀行と対等な立場で交渉出来る事で、
事業活動を円滑に進める環境作りをするのが
宮内の立ち位置と思っています。

七夕セミナーでは、
宮内カラーで皆様のお役に立てる話が出来ればと思っております。

尚、「こんな事が知りたい」「こんな場合はどうすんねん」という
オーダーがあれば是非メール等お知らせください。
出来る限りセミナー内容に反映させたいと思っています。

メールをいただいた皆様には、
内容にかかわらず抽選5名様に宮内の著作
「小さな会社の正しいリスケの進め方」を、
自腹で進呈させていただきます!

宜しくお願いしまーす(^^)/

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 宮内正一コンサルタントコラム くたばれ、ほうれんそう!
  2. 宮内正一コンサルタントコラム 最近のトンデモ案件の巻
  3. 宮内正一コンサルタントコラム コロナ倒産を防げ???という違和感、の巻!
  4. 宮内正一コンサルタントコラム リスケ企業の出口戦略
  5. 宮内正一コンサルタントコラム 当たるも八卦、当たらぬも八卦?宮内の来年度予測の巻
  6. 宮内正一コンサルタントコラム 天下の悪法!!「連帯保証人制度」が変わるかも・・・
  7. 宮内正一コンサルタントコラム 金融庁時事ネタを宮内正一流解説
  8. 宮内正一コンサルタントコラム 『ソンかトクかっていう問題ちゃうんや!!』 事業再生と『経済合理…
お問い合わせ

PAGE TOP