宮内正一コンサルタントコラム

リスケ企業の出口戦略

浪速の体育会ターンアラウンドマネーシャー、宮内です。
最近トレーニング不足なので、「体育会系」という看板が
色あせてきたかも…などと思う日々です。

話変わって、今年に入ってから銀行さんに言われる言葉に
「○○社さん、そろそろ出口が見えてきましたねー」
というのがあります。

「出口」ってなんぞ?と思われるかもしれませんが、
僕たちが「出口」というのは、
クライアントが次の2点をクリアする状態を指しています。

1.リスケ企業の場合、毎年又は半年ごとに銀行契約の更新を
 行っているが、更新手続きが今後必要なくなる状態
2.つまり、完全に正常化するので、銀行借入が再開できる状態

よーするに、「喜望大地のサポートが無くてもやっていける状態!」
という喜ばしい状態になる事です…
我が社としては、コンサル契約を卒業されると微妙ですか(^▽^;)

現在私が担当しているクライアント30社中、
5社程度が、「出口検討」モードに入っています。

「皆さん、卒業が近いのは喜ばしいこっちゃ」と思いつつ、
「そー言えば社長とこんな事があったなー」などと回想してみると、
各社共に共通点があるように思われます。

まず、弊社の門を叩くタイミングとしては…

・結果として決算が粉飾気味
・銀行への月額返済額が、キャッシュフローより過大
・一時的に資金繰りショート危機
・まずは元金返済ゼロのリスケをお手伝い

各社共に言えるのは、リスケ=条件変更が5年以上の長きにわたることです。
「そんなに長くリスケってできんの」という声が聞こえますが、
答えは「出来る」です。

リスケ期間中に、経営改善に努めてきた事が明瞭であれば、
各銀行も当然協力姿勢を取ってくれます。

・不要不急の支出を抑える、業務リストラ
・事業に関連性の薄い資産の売却等の財務リストラ
・勘定科目別経費予算の立案と実行
・月次だけでなく、日時の資金繰り表によるキャッシュ管理
・月次決算の励行
・取引先、商品別収益の見える化による利益改善
・人件費を抑える中でも、営業関連人件費の増強
・公租公課の遅延解消
・第三者、ノンバンクからの借入の整理
・後継者の育成、及び事業承継         etc

言葉にすれば簡単ですが、どれもすぐさま実施できる訳ではありません。
逆に言えば、今までできなかったから我が社の門を叩いた訳です。

しかし、銀行さんによっては(あくまで一部ですが…)、
リスケ申し入れの際にはブツブツ文句ばかりだったのが、
出口が近づくと「社長なんでも相談してください!」と
豹変するのはいただけないなー、と思ったりします。

まぁ、そんな金融機関もあるから、
我が社の存在価値もあるのね、とは思いますが。

最後に、身に覚えのある5社の皆さん。
出口が過ぎても宮内とお付き合いの程、
宜しくお願い申し上げます

 

関連記事

  1. 宮内正一コンサルタントコラム 生活の再生には自宅を守るがイチバン!不動産の競売と任意売却
  2. 宮内正一コンサルタントコラム I-Cバランスについて―やる気を醸成する組織論
  3. 宮内正一コンサルタントコラム 「会議の『成果』を厳しく追求」を分かりやすく解説
  4. 宮内正一コンサルタントコラム 経営はアートだ!の巻~
  5. 宮内正一コンサルタントコラム 金融庁VS金融機関…最新バトルの巻~
  6. 宮内正一コンサルタントコラム コンサルタントの賢い活用術の巻~
  7. 宮内正一コンサルタントコラム 金融庁の銀行貸付金返済方針の未来予測
  8. 宮内正一コンサルタントコラム 社長はみんな知っている!の巻
PAGE TOP