宮内正一コンサルタントコラム

経営はアートだ!の巻~

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー宮内です。
今年も元旦の朝は5kmほどのランニングからスタートしました。
いかなる時も体が資本!
と思っているスーパー筋肉ナルシストですからねー(笑)

さーて、新年一発目のネタは「経営はアートだ!」でスタートです。

某クライアントの経営会議での一幕。
社長、専務、取締役という面々に、私も参加しての開催でした。

大きな課題である財務面、銀行対策で侃侃諤諤の議論を展開。
一服の後、製造現場の課題に入ったのですが、
どうも現場と社長の認識が一致していません。
議論が微妙にすれ違う感じです。

ちょっと気になりましたので、
「ところで社長、製造現場はどこまで把握していますか?」
と問いかけてみたところ…

社長「組織、役割、責任は全て自分が把握しているし、
指示も随時出している」という、さすがやり手社長らしいご回答!

しかし、私としてはどーも釈然としません。

というのは、製造現場から
「いつも社長は他を飛び回っている」という話を聞いていたからです。

つまり社長は「俺は現場をしっかり管理できている」と思っているのですが、
製造現場では「社長は俺たちの事を見てくれていない、
何も判っていないのではないか」と疑念を持たれているのです。

これは「どっちが正しい」という問題では片付きません。
経営者と現場が互いにどう認識しているか?という
組織的コミュニケーションの問題です。

大変高い技術力のある会社なのに、何と勿体ない事でしょう。
これでは将来、強みである生産現場の能力が低下するのでは?と危惧します。

ではどうすれば、この状態を改善していけるのでしょうか?
多くの社長から聞く言葉「うちの社員は…」
と社員の資質をなじるようでは、何の解決にもなりません…。

このような場合、
私は社長が社員に接する姿勢が、最も重要と考えます。
小論はあくまでメルマガですので、
その理論エッセンスを組織論的に説明したいと思います。

1.「権限受容説」の徹底
・上からの一方的な命令を、部下は容易には受容しない
・命令や指示が効果的に部下に伝わるには、
 部下が命令や指示を受け入れなければならない
・つまり命令が命令たるか否かを決めるのは、
 部下であって発令者ではない

私が昔暗記させられた、理論の一節ではこうなります。

「ここで権威とは、公式組織(会社)における命令の性格であって、
それにより組織の構成員が、伝達を自己の行為を支配するもの
=すなわち構成員がなす事やなさない事を決定するものとして、
受容するのである」
(バーナード)

社長が「ちゃんと指示した」と思うのはあくまで個人の勝手です。
その指示か部下に受容されたか否かまで、
社長は見通す必要があります

2.「節制の精神」の発揮
・リーダーや社長は、敢えて社員の目線合わせて交わる必要がある
・社員のやる気を喚起させる為、
 社長は節制の精神=社員との交わりを持たねばならない

これも私が昔、暗記させられた一節ではこうなります。

「貴族(社長)が何ら高貴を装う事なく人民(社員)と交わり、
人民と同じ服装をなし、人民をして彼らの全ての快楽に
参加させるならば、人民はその微力である事を忘れる」
(モンテスキュー)

「上が何勝手な事言うとんねん」という状況では、
現場は上手く回りませんよね。

いかがでしょうか?
「俺はこうやっているんだ」という社長が思う事実も大事ですが、
それ以上に社員にどう思われているか、
という感覚の方が企業経営には大事な場面があると思います。

「えらい曖昧な話やな」と思う方も多いでしょう。
その通りです!
組織論の大家C.I.バーナードもこう言っています、
「経営はアートだ」と。

言葉で表しつくせない経営=アートの
お手伝いをさせていただきたいと思います。

 

関連記事

  1. 宮内正一コンサルタントコラム ビミョーなニュース速報
  2. 宮内正一コンサルタントコラム 銀行頭取のテンションが下がった日
  3. 宮内正一コンサルタントコラム リスケ企業の出口戦略
  4. 宮内正一コンサルタントコラム リスケ中の企業にとって悪いニュース? 今後、リスケ延長は困難にな…
  5. 宮内正一コンサルタントコラム 正しい銀行とのモメ方 !?
  6. 宮内正一コンサルタントコラム 銀行はコワい?
  7. 宮内正一コンサルタントコラム 出口戦略の主導権を握ろう!の巻
  8. 宮内正一コンサルタントコラム 銀行の言いなりになったらダメよダメダメ?! 間違いだらけの銀行付…
PAGE TOP