宮内正一コンサルタントコラム

チェリーピッカーにご用心!

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー宮内です。

今回のお題は「チェリーピッカーにご用心!」でございます。

「チェリーピッカー」とは「サクランボ摘み」
=マーケティング界でよく使われる用語です。

例え話としては…朝刊の折り込み広告に、
近所のスーパーのチラシが入っていたとします。

堅実な主婦(夫?)は、
「いつもはAスーパーに行くけど、
 Bスーパーのチラシの特売がむっちゃ安いやん!
 今日はBスーパーで買い物しましょ!」
という行動をとるかもしれません。

チェリーピッカーとは、
「安けりゃええやん」という考えで、特定のお店へのロイヤリティもなく、
ただ特売・大安売り商品=企業の赤字商品、
ばかりを狙い撃ちする顧客層の事です。

Bスーパーとしては、「特売を目玉に、
多少赤字でも新規顧客を増やすんだ!」
という事は明白です。

しかし、Aスーパーも黙っていません。

「Bスーパーに負けてたまるか!」という事で、
新たな特売商品のチラシを打ちました。

その結果トクするのは「堅実な主婦(夫?)」
=「チェリーピッカー」ですよね。

しかもこの主婦(夫?)はAとBだけでは飽き足らず、
C,D,Eスーパーのチラシにも目を通し、
常に特売だけを追っかける行動が想定されます
=筋ガネ入りのチェリピッカー!。

つまり各スーパーは、
良かれと思って特売チラシを打ち続け、
結果ネバーエンディング消耗戦に自らはまっていくわけです。

こんな事続けていたら、
経営の屋台骨は間違いなくグラグラになるでしょう。

そんなネバーエンディング消耗戦に巻き込まれた結果、
弊社の門を叩いたクライアントの何と多いことか。

そんなクライアントに、私がアドバイスするのは、
概ね次の3つです。

1.顧客維持…既存顧客を生涯取引いただける顧客にし続ける方策を考える
2.クロスセル…イチ顧客に複数の取引を促し、WIN-WINの状態に導く
3.既存顧客からの口コミ紹介を促す方策を考える

「なんや具体的方法はアドバイスしてくれへんのか?」
と思われる方は、書店で分かりやすいノウハウ本を探すかも知れません。

しかし、それでよいのでしょうか?
ノウハウ本を否定する気は無いですが、忘れてはいけない事があります。
ほとんどのノウハウ本は「特殊理論に過ぎない」という現実です。

ノウハウ本を執筆される方は、
当然経験と実績をお持ちの皆さんですから、
それを否定するのではありません。

「個々人の経験と実績はその方特有の特殊なものである」
という当たり前の事実です。

例えば、業種、客層、地域、時代、予算、商品、店舗、
タイミング…等の諸条件が社長の事業と近似値であれば、
そのノウハウ本の施策は有効でしょう。

しかし、そんな偶然がそうそうあるでしょうか。

多くの社長さんは、
社長さん独自の事業を展開しているはずです。
であれば、学ぶ理論は特殊理論ではなく、一般理論です。
一般的に通用する理論からエキスを抽出し、
自分の事業に合わせた施策を考え、
実践する事が重要だと私は考えます。

とはいえ、「何を勉強したらええねん」と
なるかも知れませんが、そこはお任せ下さい。
喜望大地は事業再生・財務をメインとしつつ、
マーケティングでもお役に立てるメンバーを揃えています。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 宮内正一コンサルタントコラム リスケ企業の出口戦略
  2. 宮内正一コンサルタントコラム 預金解約のススメ
  3. 宮内正一コンサルタントコラム 事業経営における『失敗学』を考える
  4. 宮内正一コンサルタントコラム 事業再生、最後はヒトやな~
  5. 宮内正一コンサルタントコラム 金融庁のレポートをこう読む
  6. 宮内正一コンサルタントコラム 宮内正一著「会社を守りたければ売上は上げるな! ~ゾンビ企業でも…
  7. 宮内正一コンサルタントコラム 年始雑感『地銀波乱』の巻~
  8. 宮内正一コンサルタントコラム 策だけではない、魂の経営改善=組織論
PAGE TOP