宮内正一コンサルタントコラム

久しぶりに見たよ!『超男前の銀行員!』

浪速のターンアラウンドマネージャー、宮内です。

いやぁー、梅雨も終わりいよいよ夏本番ですねー。
このクソ暑い時期、趣味のランニングやバイクなんて、
とても出来まへん!熱中症で死んじゃいます。

という事で、冷房ガンガンの自室で、
娘が勧めてくれた「キングダム」…
秦の始皇帝が天下統一に突き進む、
むっちゃおもろいマンガ…を熟読する日々です。

で今回は、久しぶりに、超男前の銀行員と出会ったお話しでーす。

何が男前かって? それは…

昨年末、クライアント社長とメインバンクを訪問。
同社は元金ゼロ円のリスケを延々継続中ですが、
業績改善のメドが全く立ちません。

つい最近まで、日本を代表する大メーカーと直取引できる、
非常に特殊な技術力を持っているのですが、
それを活かしきれない状態が続いています。

その席で宮内、正直に所見を申し上げました。
「スポンサーを募ると共に、銀行団には債権放棄を含むスキームで
対処しなければ、間違いなく破たんです。
メインバンク様には、債権放棄の覚悟がおありですか?」

正直言って、「どうせけんもほろろにNG言うやろな」
とタカをくくっておりました。

しかし、その担当課長は違いました。
「スキーム次第ですが、再生出来るなら当然債権放棄の覚悟はあります」
と即答したのです。

いやぁ~、宮内びっくりしました。

今時メインバンクとして、
「何としても取引先を支える」的な気概を持った銀行員に出会う事は
そうそうありません…そんな男前な銀行員は絶滅したとは言いませんが、
殆どオオサンショウウオかコウノトリかイリオモテヤマネコ、
レベルの希少価値です。

その要因としては、クライアントの社長が誠実一筋、
3か月毎の正確な報告で、銀行としても現状を正確に把握している事。
ほんの数年前まで、日本を代表する大メーカーの主要部品を
製造していた高い技術力がある、等ではありますが…

その後紆余曲折はあったものの、
地元の大手有力同業者がスポンサーに名乗りを上げましたので、
後はスキームです。

REVIC…JALの再生をしたとこです…や、中小企業再生支援協議会、
のスキームで進めようとしましたが、
資金繰りがあまりにもタイトになり時間的に間に合いません。

そこで事業再生の世界では超新手法、
「特定調停による再生スキーム」を採用しました。

なんじゃそれ?と思われるかもしれませんが、
実は宮内の2014年5月のメルマガで取り上げています。
ご興味ある方はそちらへどうぞ。
https://gmmi.jp/column/miyauchi_column/msc0034

要は簡易裁判所に特定調停を申し立て、
仕入れ先等の一般債権者は保護し、
金融債権者=銀行だけの債権カットで再生を目指す、
というスキームです。

尚、本スキーム実行時には併せて「経営者保証のガイドライン」に則り、
社長個人も破産など法的手続きによらず、一定の私財提供で、
全ての連帯保証債務から解放された!事も付言します。

今回の成功劇の論功行賞は、
メインバンクに「債権放棄の覚悟」を問うた宮内が三番手、
クライアントの技術力と社長の誠実な対応が二番手、
債権放棄覚悟で再生計画に応じてくれたメインバンクが一番手、
というところでしょうか。

そんな男前の銀行員、
「絶滅せんとこれからも沢山出てきてな~」
と思う宮内であります。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 宮内正一コンサルタントコラム リスケ中の企業にとって悪いニュース? 今後、リスケ延長は困難にな…
  2. 宮内正一コンサルタントコラム 体育会系コンサルタントのニュースな日々
  3. 宮内正一コンサルタントコラム くたばれ、ほうれんそう!
  4. 宮内正一コンサルタントコラム 最近のトンデモ案件の巻
  5. 宮内正一コンサルタントコラム 滞納税金のリスクマネジメントについての考察
  6. 宮内正一コンサルタントコラム 出口戦略の主導権を握ろう!の巻
  7. 宮内正一コンサルタントコラム チェリーピッカーにご用心!
  8. 宮内正一コンサルタントコラム 『ソンかトクかっていう問題ちゃうんや!!』 事業再生と『経済合理…
お問い合わせ

PAGE TOP