宮内正一コンサルタントコラム

間接金融は軍事統制!?の巻~

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー、宮内です。

2冊目を出版した事は既にお知らせ済かと思います。

おかげさまで、宮内家内での当主株はうなぎのぼり!
…と思いきや女性軍からは…

「お父さん、あの浪速のなんとかかんとかマネージャーって何?
はっきり言ってウザいキャッチやで」と非難の声が!

…そんなにウザいの…
みんな優しいから今まで黙ってくれてたのね(≧◇≦)

しかし、出版というのは何よりも自分の為になりますね。

何時も言葉に出している様々な内容も、
書くとなるときっちり裏付けを明記しなければなりません。

出典・日時・詳細は活字になると、
ごまかしききませんからね~。

という事で、改めて勉強する事が多々ありました。

その中で中小企業金融の歴史的経緯についても
勉強していたのですが、
先日NHKでよか放送があったので、ちょっくら紹介です。

「欲望の経済史~日本戦後編」というタイトルで、
かの高名な経済学者・野口悠紀雄先生の説で進められていました。

その時の放送で「これは!」と思ったものを
iPhoneにメモっておりましたので、少々開陳いたしますと…

・1940年から始まる戦時体制が現在の金融経済システムの始まり
・現在の金融機関システム=間接金融を中心として
 企業に円滑に資金を供給するのは、この時の体制から始まった
・それまでは、企業は直接金融で資金を調達する事が多かった
・間接金融は軍事統制の一環であり、それが現在まで機能し続けている

…「これは知らんかった!」とびっくりする宮内でした。

因みに間接金融というのは、
金融機関が集めた預金を原資として企業に貸出し、
経済活動を支えるというものです。

逆に直接金融というのは企業が社債などを発行して、
市場から直接資金を集める事、って感じです。

確かに間接金融が主力であれば、
今のように金融庁が銀行に監督命令するだけで、
企業活動や経済体制をコントロールできますからね~。

そんな間接金融ですが、
野口先生は既に限界に達していると明言してましたね。

となると昨今金融庁が金融機関に対して
危機感を煽っているのも、
歴史的な大きな流れと考えられるかもしれません。

なんか先行きの暗い金融の話でしたが、
金融以外でも結構ネガティブでした。

・日本型経営の衰退
・中国が世界の工場化
・日本は中国との共同に失敗したがAppleは成功した
・日本のピークは95年だった
・日本の経営者は結果的に企業の中で偉くなった人
・本来はプロの経営者という職業があるべき
・企業の国に対する依存が大きくなっている…補助金等…1940年体制強化
・IT革命で夢見たフラットな社会とは逆方向に進んでいる
・それらはAIで更に加速される…ビッグデータは
 Google、Apple、Amazon、Facebookらによる寡占となる
・アメリカの学生は非上場のユニコーン企業を志望する。
 日本の学生は安定大企業を目指す
・それは日本社会が再挑戦を認めないから

放送時の同時メモからの抜粋ですから、
細かいところは間違っていたらすみません

大先生のお説ですから傾聴には値しますが、
全てが正しいとは限りません。

全く違う説を唱える大先生もいますしね。

次回は明るいネタ探しときまーす(^^)/

 

関連記事

  1. 宮内正一コンサルタントコラム 半沢直樹を斬る
  2. 宮内正一コンサルタントコラム 社内埋蔵金のお話し~の巻
  3. 宮内正一コンサルタントコラム 府と市を併せて『府市あわせ?』
  4. 宮内正一コンサルタントコラム 銀行当たりはずれの巻~
  5. 宮内正一コンサルタントコラム 銀行の言いなりになったらダメよダメダメ?! 間違いだらけの銀行付…
  6. 宮内正一コンサルタントコラム 中小企業金融円滑化法の最終延長を踏まえた中小企業の経営支援のため…
  7. 宮内正一コンサルタントコラム 久しぶりに見たよ!『超男前の銀行員!』
  8. 宮内正一コンサルタントコラム I-Cバランスについて―やる気を醸成する組織論
PAGE TOP