宮内正一コンサルタントコラム

残念な黒星( ;∀;)の巻

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー宮内です。

今年に入り順調にマラソン練習をこなしてきたのですが、
先日参加した24時間リレーマラソンにて、
古傷のアキレス腱を痛めちゃいました…

これがクソこっ恥ずかしい事に、
走り出してから僅か200mでの惨劇…( ;∀;)涙でございます。

という、いと悲しきお話しですが(笑)、

本業でも残念な事案が…ある意味黒星的な事がありました。

詳細は書けませんが、
ご相談に来られた某社様から契約をいただけなかったという事案です。

こんな商売ですから、全相談者から契約をいただけるとは限りません。
タイミング・相性・その他様々な事情で契約に至らない事はあるものです。

しかし、何が残念かというと
「契約いただければかなりの確率で再生できる」という自信と目途があり、
そのように説明したのに契約いただけなかった事です。

私の提示した処方箋は…
1.まずはリスケでキャッシュアウトを防ぎ、手元資金確保
2.リスケ期間で経営基盤を健全化
3.不要不急資産の整理で債務圧縮、BSのスリム化を実現
4.晴れて事業再生。めでたしめでたし

はっきりと道筋は見えていますし、具体的な手法もわかっています。

後は社長のGOを待つのみ!…という事で
「近々契約の連絡あるやろ」と思っていたところ、
まさかまさかのお断りTELを受けた次第です。

「処方箋が見えたので、自力で再生を目指す」という事なら、
判らないでもありません…私の本を本気で読み込めば、
困難は伴うものの不可能ではないでしょう。

「私以外の専門家に依頼する」…これは少々悔しいですが、
もし人間関係が既に構築されている専門家であれば、
それも仕方ないでしょう。

ところがお断り理由が「顧問税理士が反対した」と聞き、
私は絶句です。

明らかにこの税理士の先生は、
私たち事業再生の専門家から見ればド素人です。

私の1.2.3.4.は正に鉄板の処方箋ですから。

しかし事業再生の専門家の言よりも、
税務の専門家であって先生と言われる身分でも、
事業再生にはド素人の言を採用するなんて…

反省点があるとすれば…相談者たる社長にもっと寄り添って、
わかりやすく説明した方が良かったのかな?
あんまり自信満々すぎて、逆に社長を不安にさせたのかな?

しゃちょーさーん、これからでも困ったら、
遠慮せんと声かけて下さいねー!

僕は何時でもスタンバイOKですよー(^^)/

 

関連記事

  1. 宮内正一コンサルタントコラム 金融円滑化法が終わったら…倒産が増えるのはホント?
  2. 宮内正一コンサルタントコラム サービサーから債権譲渡通知が来た!?
  3. 宮内正一コンサルタントコラム チェリーピッカーにご用心!
  4. 宮内正一コンサルタントコラム ニュースの深読みシリーズ?金融円滑化法、最後の再延長決定!?
  5. 宮内正一コンサルタントコラム 府と市を併せて『府市あわせ?』
  6. 宮内正一コンサルタントコラム リスケ中の企業にとって悪いニュース? 今後、リスケ延長は困難にな…
  7. 宮内正一コンサルタントコラム 銀行はコワい?
  8. 宮内正一コンサルタントコラム 『大衆』にはなりたくないよ~!
PAGE TOP