宮内正一コンサルタントコラム

宮内版、本年の良かったなー、イマイチやったなーの巻

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー、宮内です。

11月初旬、4年ぶり人生2度目のフルマラソンに挑戦しました!

結果タイムは4時間52分…微妙なタイムですね

~サブ4への道のりはまだまだって感じです(笑)

月に一度程度順番が回ってくるメルマガ担当。

今年はこれが最後だと思いますので、
本年印象に残った事案で、メルマガに書けることだけ!
をちょこっとまとめてみたいと思います。

まずは「良かったなー!」案件。

1.セールアンドリースバック大成功

・亡きお父様の債務を当然の責務として相続した社長。
 債務を相続したは良いが返済の目途は全く無し。
 泣く泣く先代から引き継いだ由緒ある店舗を売却し、
 返済原資ねん出のハメに…

・ここで当社の出番、店舗の売却先を宮内が昵懇の不動産業者に選定。
 更にご兄弟が設立した新会社に店舗を賃貸、
 事業復活に頑張っていただきました。

・新会社の黒字経営が認められ、
 某金融機関から店舗取得資金調達に成功!
 無事店舗を買戻す事が出来ました。
 銀行返済も今までの賃料の範囲なので問題無し。

・先日当該店舗にて、骨を折っていただいた
 銀行担当者を交えての飲み会!は
 大いに盛り上がりました…てか、
 飲みすぎてどうやって帰ったか記憶がありませーん(笑)

2.今頃銀行が貸し剥がしかよ?…への反撃成功

・不採算工事受注が続き、大幅赤字に陥った建設業者さんから依頼。
 宮内「早急に経営改善計画を作成し、
 取引全行に元金返済ゼロ円のリスケジュールを
 依頼しましょう」とアドバイスし、超特急の一週間で計画を作成しました。

・5つの取引銀行一つ一つに丁寧に説明、
 全行の了解を取り付けられたはずでしたが…

・内1行が個別に社長に面談「コンサルの言いなりになってはいけません。
 当行が支援します。よって当行にだけ追加担保を差し出せ」という、
 前近代的要求…よーするに抜け駆けの貸し剥がし策略!

・紆余曲折経て、全行参加のバンクミーティングを開催。
 姑息な手段を他行に悟られたこの銀行、
 当たり前ですが抜け駆け要求を取り下げ。
 無事全行一致のリスケジュールが成功。

・当該社長曰く「正常に戻ったら、
 絶対この銀行とは縁を切ってやる」と闘志満々!
 再生に力がこもっています(^^)/

3.大逆転M&A

・BtoB事業とBtoC事業を手掛ける会社の社長。
 不採算事業のBtoC部門をどう立て直すかに悶々とする日々。

・M&A業者から事業売却を薦められるも、
 その高額な手数料を考えたら「メリット無いやん」

・宮内のM&Aスタンスは、
 「高額手数料のM&A専門業者に相談するよりも、
 人間関係のある同業者に依頼するべき」です。

・中小企業特に零細企業は属人的要素が強いので、
 単に高い安いだけでは、売る方にとって
 思いもよらない後悔に直面する可能性あり、
 と考えるからです。

・という事で、経営者同士交流のある同業大手にBtoC部門を売却。
 取得した売却資金を運転資金に、BtoB部門のみでの
 事業継続が可能となりました!社長の英断に拍手!

続いて「イマイチなハナシやん(~_~;)」案件。

1.正常先になった瞬間「お金借りて下さい!」行列

・宮内が長年顧問をさせていただいている同社。
 元金ゼロ円のリスケジュールに始まり、
 年々少しづつ業績を回復、元金返済額を増額してきましたが、
 この度保証協会の「経営改善サポート保証」制度を活用し、
 無事正常先に復帰!

・で半年ほどたった頃社長からのご相談…
 「宮内さん、各行が借りてくれ借りてくれであんまりしつこいから、
 とりあえず1億ほど借りるわ」とのお話し。

・宮内「用も無いのにそのお金どうするんですか?」…
 社長「銀行の決算明けに全額返すわ」との事…
 結局社長は金利を損するだけのオハナシ…
 ほんまイマイチな話しですわ

2.9月台風、悲喜こもごも

・リスケジュールを繰り返している同社。
 業績改善が進み、念願のキッャシュフロー10百万が見えだした矢先、
 9月の台風被害…工場休業ロスに加え、
 設備被害で約8百万の損失が確定( ;∀;)

・追い打ちのかけたのが近隣から
 「台風で飛散した工場部材で自宅の窓が割れた」等の被害続出。
 社長が丁寧に謝罪、補修に回るものの、
 約1軒がクレーマーとなり損害賠償を要求される事態に!

・天災は損害賠償請求対象にならない旨を私から説明し、
 紹介した弁護士に対応を一任、一件落着。

・社長「せっかく利益も出そうやから、
 銀行返済も進めようと思ったのに…」と落胆のご様子。
 宮内「今回はあくまで天災要因ですので、
 銀行には今まで通りのリスケジュールで理解してもらいましょう」
 …逆に別のクライアントでは「台風被害の損害保険で、
 老朽設備の修理ができたわ」という話しもあったりで…

3.年金基金問題勃発!

・大阪某業界の年金基金解散に伴う、
 加入事業者への負担金問題が発生…
 以前から発生する事は知ってましたけど…

・宮内のクライアント1社には、何と50百万弱の請求!
 …幸い、事前に事業計画上にある程度想定していたので、
 問題は無いですが…

・もう1社の10百万については、
 まだまだリスケジュール状態なので大問題。

・負担金は優先債権なので、慎重な対応が必要
 …年明けから支払期日が発生するので、
 年金機構と話し合いながら対応するしかないかな
 …ほんまイマイチです。

てな、出来事があった本年もあと僅か。

今回のお正月は、カレンダーの並びで
10連休等休みの長い社長も多い事でしょう。

お休みの間に悶々と悩む前に、
一度弊社に相談いただければ!などと思っております。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 宮内正一コンサルタントコラム 預金解約のススメ
  2. 宮内正一コンサルタントコラム 小さな会社のための正しいリスケの進め方
  3. 宮内正一コンサルタントコラム 担保になってる不動産は誰のもの? 不動産の任意売却
  4. 宮内正一コンサルタントコラム 宮内さん!!!事業再生ファンドゆうのがあるらしいやん!!!
  5. 宮内正一コンサルタントコラム 銀行頭取のテンションが下がった日
  6. 宮内正一コンサルタントコラム 『フィデューシャリー・デューティー』とは何ぞや
  7. 宮内正一コンサルタントコラム 中小零細企業の銀行取引防衛術の巻
  8. 宮内正一コンサルタントコラム 貸したお金は返してもらおう!!
PAGE TOP