宮内正一コンサルタントコラム

捨てられる銀行3の巻~

浪速のターンアラウンドマネージャー、宮内です。

…何かが抜けてますね…そう「体育会系」です。

実は先日マラソン練習で25km程走った際、
心拍数の高さが気になったので、
念のため冠動脈CT検査を受けました。

するとまさかの動脈硬化が発覚!

お医者さんから、
以後ハードな運動はNGと診断されちゃいました( ;∀;)

日常生活や軽いジョギングは問題無しなんで、
不幸中の幸いと前向きに捉えるしかありません。

…しかしこの半年、フルマラソンサプ4を目指して
1000km走ったのに…残念無念でございます。

気を取り直して、今回は本の紹介です。

その名も「捨てられる銀行3『計測できない世界』を読む」
(講談社現代新書・橋本卓典)です。

2016年第一弾が出版された際、
このメルマガでも取り上げた記憶がありますが、
そのシリーズ第三弾の登場です。

で、この本。

事業再生関係者、金融機関と取引する企業経営者にとっては、
ナカナカ面白いと思いますので紹介する次第です。

決してメルマガのネタが切れて、
困ったから無理やり選んだ訳ではありません、悪しからず(笑)

その面白いというココロは何かと言うと…

1.随所に金融庁長官及び金融行政を持ち上げるクダリがある
…著者と金融庁トップは密接に繋がっている、と思われる

2.前長官・現長官及び関係者への取材がすごい
…もはや取材ではなく、出版の打ち合わせレベルと推量できる

という2点を挙げます。

つまりは金融検査マニュアルがこの3月に廃止されて、
新体系の金融検査が始まる事を周知徹底させる為に、
金融庁が著者に書かせた本、と取れるシロモノだからです。

そもそも1年前でしょうか、
金融庁が「金融検査マニュアルを廃止する方針」という報道が
なされた際、現場の銀行関係者は半信半疑でした。

何せ20年間も日本の金融行政の根幹を成したマニュアルですからね~。

「どうせポーズだけで大して変わらんやろ」
というのが現場の声だったからです。

本書には、金融検査マニュアルが不良債権処理には
必要であったものの、現在には全く即していない、
という説明が長々と記載されています。

又、現場に即して数年間を移行期間を設ける、
という銀行を安心させる方針も紹介されています。

但しこの本の残念な点は、金融検査マニュアル廃止の
意義は強調されているものの、
その後の新しい内容についてはほとんど
伺い知れないところでしょうか。

…そりゃ金融庁の発表前に、
内容が出せるはずが無いのは当たり前ですけど…

つまりこの4月以降、金融検査マニュアルが廃止されて、
全く新しい体系が導入されるカウントダウンに突入です。

ここで中小零細企業の皆さんに提案です。

新たなマニュアルは必ず金融庁のHPにアップされます。

本編はかなりの大部になると思われますが、
同時に概要をまとめた小冊子程度のペーパーも出るはずです。

本編はともかく、
概要小冊子内の中小企業金融の記述については目を通しませんか?

今後金融機関が、どのような方針・考え方で中小零細企業に
対応するかの方向性が理解できるはずです。

尚、弊社クライアントの社長様については、
いちいち金融庁のHPを閲覧しなくとも、
遠慮なく私どもコンサルタントにお問い合わせ下さいませ。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 宮内正一コンサルタントコラム 出口戦略の主導権を握ろう!の巻
  2. 宮内正一コンサルタントコラム なーんか、何でも屋さんみたいになってきました~の巻
  3. 宮内正一コンサルタントコラム リスケ中の企業にとって悪いニュース? 今後、リスケ延長は困難にな…
  4. 宮内正一コンサルタントコラム 銀行頭取のテンションが下がった日
  5. 宮内正一コンサルタントコラム 最近数字にお疲れ気味…そんな時には古典もいいよねー、の巻
  6. 宮内正一コンサルタントコラム 天下の悪法!!「連帯保証人制度」が変わるかも・・・
  7. 宮内正一コンサルタントコラム 社長の『選択』と『自己責任』についての考察とアドバイス
  8. 宮内正一コンサルタントコラム 半沢直樹を斬る
PAGE TOP