宮内正一コンサルタントコラム

年末年始は大人買いの一気読み!の巻

難波のターンアラウンドマネージャー宮内です。

去る11月23日、福知山マラソンに参戦しました!

結果は残念ながら目標のサブ4には大きく届かず、
ヘロヘロで這うような完走(歩?)劇…

直前は月200kmもRUN練習したのに…

涙ナミダでございます。

話変わって年末年始のお休みですねー。

宮内は実家巡りや帰省する旧友との飲み会で、
あっという間に時が過ぎるのですが、
お休みに読書を楽しむ皆さんの為に、
今年読んだ宮内お薦め本をまとめておきます…

お節介でスミマセン。

その1.『FACTFULNESS(ファクトフルネス)
10の思い込みを乗り越え、データを基に
世界を正しく見る習慣』
日経BP ハンス・ロリング 他

「ファクトフルネスとは――データや事実にもとづき、
世界を読み解く習慣。
賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、
癒され、世界を正しく見るスキルが身につく」
という事らしいです。

確かに私たちはデータや事実からより、
ネット上のフェイクニュースや個人の勝手な思い込みに
左右されますよね。

そういう意味でこの本は、眼から鱗の連続でした。

凶悪事件が起きると、テレビのテキトーな
コメンテーターが「最近凶悪な事件が増えています…」
などとのたまいますが…

「バカヤロー!凶悪事件は統計的には
長らく減少してんだよ!
事実を押さえずテキトーに喋って視聴率上げようとすな!」
と宮内はよくTVに悪態をついています(笑)

…最近のTVはホンマ嘘をつきすぎやわ(怒)

その2.『三体(さんたい)』 早川書房 劉慈欣

中国人作家のSF小説です。

中国では3部作で2100万部売れた大ベストセラー!

英訳も100万部を超えているらしいです。

とにかくビビるぐらい面白い内容です…

混沌の文化大革命の時代から、
最新科学を織り交ぜるストーリー展開!

ちょいと理系好みの方には絶賛お薦めします。

因みに「三体」についてウイキペディアでは、
「古典力学において、三体問題
(さんたいもんだい、英: three-body problem)とは、
重力ポテンシャルの下、
相互作用する三質点系の運動の問題。

天体力学では万有引力により相互作用する
天体の運行をモデル化した問題として、
18世紀中頃から活発に研究されてきた。

運動の軌道を与える一般解が求積法では求まらない
問題として知られる。」と何の事やら、
まるで判らない説明がなされています(笑)

しかし中国で2100万部売れているという事は、
中国人の理系リテラシーが相当に高いという事
ですよね…そっちもびっくりやなー。

その3. 『21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考』 
河出書房新社 ユヴァル・ノア・ハラリ

ハラリさん、っちゃ~著作累計販売世界2000万部!

今や若き世界の知の巨人ですよねー。

前作『ホモ・デウス』『サピエンス全史』も読みましたが、
この人の頭どないなってんの?
ホンマにバケモンに違いない!

販促の帯も中々興味津々です…

・ドナルド・トランプの躍進は何を意味するのか?
・フェイクニュースの蔓延に対して打つ手はあるのか?
・自由民主主義はなぜ危機に陥っているのか?
・新たな世界大戦が到来するのか?
・どの文明が世界を支配するのか?
・ナショナリズムは不平等と気候変動の問題を解決できるか?
・テロに対してどんな手を打つべきなのか?

正に現在と近未来の危機がテーマ。

自分子供や孫の世代がどうなっていくのか…
ホンマに心配になる宮内お爺ちゃんです。

その4『オリジン・ストーリー 138億年全史』
筑摩書房 デイヴィッド・クリスチャン

「われわれはどこから来たのかー宇宙創成から
現代までを一望し、この永遠の謎に挑む 
ビッグヒストリーの到達点!驚異の138億年史!!」
てなコピーですが、
かのビル・ゲイツが1000万ドルを出資した、
教育プロジェクトの大先生の著作です。

宇宙が出来て138憶年と想定されていますが、
その時間軸を10億分の1にすると、
私たちホモ・サピエンスが登場するのは105分前。

ローマ帝国と漢王朝が繁栄したのは1.1分前。

人類が月面に到達したのは1.6秒前…だそうです。

世界はネットのフェイクニュースの蔓延、
歴史修正主義者が頭をもたげていますが、
悠久の歴史から見れば何とチンケな話でしょうか。

しかし宇宙の全歴史を俯瞰するという視点は、
とにかく凄いと感じました。

学校でもこないに歴史を教えたらええのに、
と思った次第。

ところで「講釈はええねん。宮内は年末年始何読むねん」
という質問には、ちゃんと答えを用意してますよー。

それは巷で話題騒然の漫画「鬼滅の刃」を
全18巻大人買いしての一気読みです!

皆さんの???という反応が目に浮かびますが、
そう少年ジャンプが又も世に出した傑作マンガ!
宮内はアニメから入りましたが、まぁー面白いのなんの!

妹を鬼から人間に戻すために、鬼と戦う少年の姿!

舞台は大正時代やのに、刀を差して道歩いたら
警察に捕まるんちゃう?

などという細かい事は抜きにて、
新たな傑作マンガを楽しみたいと思います(笑)

本年もお世話になりました。良いお年を(^_-)-☆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 宮内正一コンサルタントコラム 続報!!保証人制度が変わった!? おしらせ
  2. 宮内正一コンサルタントコラム 今年は「えーびーえる」が流行るかも…?
  3. 宮内正一コンサルタントコラム 残念な黒星( ;∀;)の巻
  4. 宮内正一コンサルタントコラム 宮内さん!!!事業再生ファンドゆうのがあるらしいやん!!!
  5. 宮内正一コンサルタントコラム なーんか、何でも屋さんみたいになってきました~の巻
  6. 宮内正一コンサルタントコラム 『フィデューシャリー・デューティー』とは何ぞや
  7. 宮内正一コンサルタントコラム 最近のトンデモ案件の巻
  8. 宮内正一コンサルタントコラム 自宅は何があっても守りたい!
PAGE TOP