宮内正一コンサルタントコラム

今こそ元金返済ゼロ円!リスケのススメ

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー宮内です。

世の中はコロナコロナの風が吹くですねー。

昨日はマスクしたまま近所をランニングしましたが、
マスクが汗で濡れて溺れながら走っている状態(>_<) ヘロヘロになりました(笑) さて今回のお題は「今こそ元金返済ゼロ円!リスケのススメ」です。 前回のメルマガでは、コロナの影響で売上が急減した中小零細企業が、 公庫や保証協会付融資で何とか一息つける…的な お話しをさせていただきました。 今現在公庫には申込が殺到し、 受付は面談ではなくインターネット経由、 しかも融資実行まで2ヶ月は係ると言われているそうです。 保証協会にも申込が殺到! しかもコロナ対策で出勤人員を削減調整している銀行は、 とても捌けきれない状況になっています。 混乱は当面続くでしょうが、 融資を依頼する中小零細企業の社長さんには 是非とも踏ん張っていただき、 公庫や保証協会の皆さんの頑張りを切望する宮内です。 本日のお題は、そんな関係者の頑張り直後の話です。 緊急で資金調達した資金については、 約定通りの返済を進めるとしても、 それ以前に融資を受けていた既存借入金については、 元金返済ゼロ円リスケを検討すべき、 というのが主旨です。 …前回メルマガで紹介したプレDIPファィナンスの 考え方にも繋がるものです。 喜望大地のHP、宮内のコンサルタントコラムに 掲示されていますので、 興味のある方はソチラへ ⇒ https://gmmi.jp/column/miyauchi_column/msc0086/https://gmmi.jp/column/miyauchi_column/msc0086/

金融庁のHP「4/20付、新型コロナウイルス感染症を
踏まえた金融機関の対応事例」という発表の中には次の記述があります。

○事業者からの条件変更等の相談があった場合には、
 審査を行うことなく、まずは、
 3ヶ月の元金据置ないし期限延長を実施

○事業者からの相談を受け、
 これまでの事業実績の評価に基づき、
 今後も事業を継続させていくため、
 1年間の元金据置・期限延長を実施

○受注が大幅に減少した事業者に対し、
 積極的な支援策としてまず1年間の元金据置を実施。
 将来の資金面の見通しがついた時点で、
 見通しに合わせ返済期限を柔軟に延長予定

凄いですね~、これではもう何でもありの要請です!

しかし金融庁もここまで言い切っていいんですかね?

要請の中には、コロナ対応融資を受けた後の
リスケ云々の記述は見当たりません。

しかしこんな要請を出すくらい、
今回のコロナ問題は経済に甚大な悪影響を
及ぼすと考えている事が伺えます。

実は現時点で宮内のクライアント2社が、
公庫のコロナ対応で資金調達完了、
更に既存借入の元金返済ゼロにする経営改善計画を提出中です。

金融庁が何でもアリの要請を金融機関に指示しているのですから、
当然この2社の計画も理解を得れると確信しています。

しかし某税理士先生の筋から
「コロナで借りて、既存借入をリスケなんて出来るはずない」
という声を聴いたのが、今回のメルマガを書いた動機です。

専門家と言われる先生がそんな弱気では、
助かる中小零細企業が助からなくなります。

今回のコロナショックは、
リーマンショックを上回る危機と見るのが、
事業再生に携わる者としての実感です。

公庫や保証協会からの支援で一息ついても、
次の一手が必ず必要になると思っています。

融資を受けても不安が払しょく出来ない中小零細企業の社長様、
是非弊社までご一報を!

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 宮内正一コンサルタントコラム なーんか、何でも屋さんみたいになってきました~の巻
  2. 宮内正一コンサルタントコラム 銀行はコワい?
  3. 宮内正一コンサルタントコラム リスケ企業の出口戦略
  4. 宮内正一コンサルタントコラム 生活の再生には自宅を守るがイチバン!不動産の競売と任意売却
  5. 宮内正一コンサルタントコラム 金融庁のレポートをこう読む
  6. 宮内正一コンサルタントコラム 不渡り=倒産ではありません
  7. 宮内正一コンサルタントコラム 策だけではない、魂の経営改善=組織論
  8. 宮内正一コンサルタントコラム お上もやっとこ本気になったかな? 最新の事業再生手法~特定調停ス…
お問い合わせ

PAGE TOP