宮内正一コンサルタントコラム

当たるも八卦、当たらぬも八卦?宮内の来年度予測の巻

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー宮内です。

相変わらずの足底痛で、マラソン練習も筋トレもままならない日々…
お陰様で順調に体重と体脂肪が増強されております

( ;∀;)…故障明けの来年は、
中高年ダイエットからボチボチ始めまーす。

しかしこのコロナ禍、何時になったら収まるのでしょうか?

巷ではGoToどうすんねん議論が新聞やTVを賑わしています。

ホンマに来年以降はどうなるんでしょう。

かつて大手広告代理店や総合研究所は年末、
「来年予測」を大々的に発表していました。

かくいう私も金融機関の総合研究所部門に籍をおいた時期があり、
年末には各社が発表する来年予測を収集・分析したものです。

頭の体操として来年以降どうなるかを考えると、
大体3つのシナリオがイメージできます。

1.ワクチンが予想以上に早く普及し、コロナを制覇!
東京オリンピックも無事開催!
インバウンドも復活し、日本経済万歳!

2.経済のアクセルとブレーキを交互に交えつつコロナをコントロール。
徐々にこなれてきて、ボチボチ経済は回復するも以前の8-9割の低空飛行。

3.大パンデミック時代となって経済撃沈!

中庸ではないですが、多くの方々は
2.をイメージされているのではないでしょうか?

私も1.や3.よりも「2.が現実的かな~」と思ったりします。

そんな中ですが多くの中小零細企業は、
公庫や保証協会からのコロナ借入のおかげで、
業績はともかく手元キャッシュだけは
そこそこ保有している状態と思います。

先日クライアント社長のつぶやき…
「宮内さん、コロナの借入は元金返済据置やから
今はたんまりお金あるけど、元金返済が始まったら
大変やで。以前より元金返済額がむっちゃ増えるし!」

宮内も同感です。来年以降の危機感は
「コロナ借入元金返済据置期間あけ」です。

そのタイミングになった時、
2.の経済低空飛行状態であれば、
新たな資金調達が必要になるかもしれません。

しかし取引金融機関は、新たな資金調達に応じてくれるでしょうか?

保証協会付き融資が更に増額であれば問題ないでしょうが、
プロパー融資は間違いなく難しいでしょう。

借入残高が以前より大きく膨れ上がっている会社は猶更です。

多くの私のクライアントも危機意識は共通です。

そこで私は以下の二つをアドバイスしています。

1.幸い手元資金は余裕あり。

1-2-3年後の発展に備えて設備投資、人材投資をやっておきましょう!

先々キャッシュが枯渇すれば、前向きな投資が出来なくなります。

2.資金繰り管理を今まで以上に徹底しましょう。

危機到来6か月前には、次の銀行交渉ストーリーを作る為です。

当たるも八卦というタイトルにしましたが、
来年以降少なからずの中小零細企業に、
このシナリオが当てはまると思っています。

身に覚えのある社長様、是非弊社にご相談下さい。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 宮内正一コンサルタントコラム 「銀行員から聞く最も嫌なコトバ」について
  2. 宮内正一コンサルタントコラム 宮内さん!!!事業再生ファンドゆうのがあるらしいやん!!!
  3. 宮内正一コンサルタントコラム ビミョーなニュース速報
  4. 宮内正一コンサルタントコラム 今こそ元金返済ゼロ円!リスケのススメ
  5. 宮内正一コンサルタントコラム 正しい銀行とのモメ方 !?
  6. 宮内正一コンサルタントコラム 事業経営における『失敗学』を考える
  7. 宮内正一コンサルタントコラム 府と市を併せて『府市あわせ?』
  8. 宮内正一コンサルタントコラム 金融庁時事ネタを宮内正一流解説
お問い合わせ

PAGE TOP