宮内正一コンサルタントコラム

中小企業のM&A勘違い?

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー、宮内です。

長引く脚の故障でリハビリ治療を続けていますが、
順調に回復!

今後は故障防ぐ体幹トレーニングを中心に治療する事になりました!

…って、ホンマええトシこいて、今更何やってんでしょうか
…自分でも呆れます(笑)

さてこの度喜望大地は、中小企業庁「M&A支援機関に係る登録制度」に
登録する事が出来ました。

この登録で、弊社のM&A業務に対する信頼性の向上+M&Aに関する
補助金の有効活用も可能となります。

因みにR3年9月13日公表の中間結果では、登録が認められた493社中、
なんと最大手の日本M&Aセンターより一つ上のNo.187となっています。

…申請が一足早かっただけで、No.に大きな意味はないんですが(笑)

登録されたのは、銀行・金融機関・M&A仲介業者・公認会計士や
税理士事務所などで、
彼らは今後M&A仲介・アドバイザー業務に邁進する事でしょう。

しかし弊社、特に宮内が考えるM&Aは、
彼らとは少し目線が違うと思っています。

何が違うかというと………

新聞紙上やニュースで取り上げられるM&Aは華やかなものだと思います。

・上場会社や非上場でも有名な中堅企業が主役
・時代のにニーズに合わせた合従連衡の展開
・グローバルな戦略的事業再編の一環

なんか格好いいワードが並びますよね。

でも中小零細企業も、
合従連衡や戦略的事業再編は当然ありうる訳で、
M&Aはその大きな戦術である事は間違いありません。

しかし…それでも宮内は思います。

上場企業や非上場でも有名な中堅企業と、
中小零細企業のM&Aの根本的な違い、
それは何でしょうか?

最大の違い=中小零細企業のM&Aは、
代表取締役の個人連帯保証が大きなネックとなる事です。

ご承知の通り、
上場企業の社長は会社の連帯保証人ではありません。

ですからM&Aで自社を売却しても、
個人に債務問題が残る事はありません。

「会社売って役員退任したけど、役員退職金も貰ったし、
次のステージどうするかゆっくり考えよか~」
ってモードになれる訳です。

中小零細企業でも、
同様にM&A売却できる会社もあるでしょう。

しかし残念ながら、一定数の中小零細企業の社長は、
自らの債務問題解消の為・債務対策の奥の手として、
M&Aをとらえているという事です。

巷にはM&Aを生業とする仲介業者が数多ありますが、
仲介フィーを目当てにしているだけの一部業者では、
債務問題の解決に取り組めるか極めて疑問です。

ここでM&Aで自社の売却を検討している社長様に、
宮内目線の指標を一つお知らせします。

「(現在の社長の年齢はともかく)社長が今後もバリバリ仕事を続けることで、
自社の借入金全てを10年から15年で完済できる会社は、
M&Aで売却可能な会社」である、
というのが宮内指標です。

この宮内指標をクリアできない会社のM&Aは極めて危険と考えます。

冷静に考えてみれば、
債務を完済する見込みの無い会社を誰が買ってくれるでしょうか?

例え買主が表れても、不利な条件の上に、
思い切り買い叩かれるのがオチではないでしょうか?

中小零細企業の社長は、M&Aに逃げてはいけません。

本質の債務問題の解消を図る中、出口戦略の手段として
M&Aを考えるのが王道ではないでしょうか。

弊社はM&Aを切り口に、
中小零細企業の真の問題解決をお手伝いしていきます。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 宮内正一コンサルタントコラム コロナ倒産を防げ???という違和感、の巻!
  2. 宮内正一コンサルタントコラム 最近数字にお疲れ気味…そんな時には古典もいいよねー、の巻
  3. 宮内正一コンサルタントコラム 金融庁の銀行貸付金返済方針の未来予測
  4. 宮内正一コンサルタントコラム 自宅は何があっても守りたい!
  5. 宮内正一コンサルタントコラム チェリーピッカーにご用心!
  6. 宮内正一コンサルタントコラム 預金解約のススメ
  7. 宮内正一コンサルタントコラム リスケ中の企業にとって悪いニュース? 今後、リスケ延長は困難にな…
  8. 宮内正一コンサルタントコラム 事業経営における『失敗学』を考える
お問い合わせ

PAGE TOP