坂本利秋コンサルタントコラム

信用保証協会を積極的に活用しよう

さて今回は、信用保証協会の積極的活用について述べます。

【丁寧な対応に感謝の巻】

某地方都市へ、2年目のリスケの説明に同行した時のお話です。
社長に「さあ、頑張って説明してきましょう!」と気合を入れ出発。
メインの地銀さんに説明の後、信用保証協会を訪問しました。
全て保証協会付の融資だったために、訪問した方が良いと判断した結果です。

このときの社長の主な懸念点は、以下の3つ。

1.そもそも、2年目のリスケが認められるのか。
 さらに、再度の元本棚上げ依頼であるし。

2.社長の配偶者に、一部の借入の根保証がついている。
 どうにか外せないだろうか。

会議室に入った後の流れは、抜粋すると以下のようなものです。

———————————————————————-

小職    「本日は、よろしくお願い致します。」

      小職が東京から来た事が分かったのか、

ご担当者  「いやあ、遠くから御苦労さまです。」

      ひとしきりお話しした後に本題スタート

社長    「それでは、早速説明致します。」

      「1年目のリスケ時にお約束した経営改善のうち、
       売上とコスト削減は約束通り実現致しましたが、
       粗利率の低い商品の構成比が大きく、
       粗利、営業利益ともに計画を下回っておりました。
       結果につきましては、真摯に受け止めております。」

      「分析の結果、○○が予算未達の主因であり、
       解決方法につき幾つかテストを行った結果、
       ××が判明いたしました。

       よって、××の施策を継続することにより、
       今期の△△の計画は十分達成だと考えております。」

      「一方、現在の資金繰りでは×月に
       ショートの可能性が極めて高い状況ですが、
       上の施策の確実な実行と
       再度の元本棚上げによるご支援を賜れれば、
       この計画の通り、○年での完済が十分可能となります。」

      「つきましては、
       経営改善の効果があらわれるまでの期間につき、
       再度の元本棚上げをお願い致します。」

ご担当者  「2年目の元本棚上げについては、
       今回の説明と、戴いた経営改善計画書にて、
       内部にて検討いたします。」

      「ただし、リスケで根保証を外すことは、難しいと思います。」

社長    「特別○○枠というものがあり、
       これにより、各融資の条件変更であるリスケでなく、
       組み直し扱いになり
       根保証を外せる可能性があると伺ったのですが。。」

ご担当者  「ああ、確かに特別○○枠でしたら、可能性ありますね。
       ちょっと待っててください。」

      「これがその資料です、返済期間が○年で、
       そのうち元本据置の最大期間が×年ですね。
       ただし、商工会の調停士の承認が必要ですね。。
       ○○さん(社長のお名前)、
       坂本さん、まだお時間有りますか?」

社長、坂本 「ええ、大丈夫です」

ご担当者  「そうですか、では、少しお待ちください。
       商工会に電話してみましょう。」

      「ええ、ええ、そうなんです。
       特別○○枠の適用についてお手伝い戴きたいんです。
       はい、今からです。」

      「今から、商工会のご担当者が会って下さるそうですので、
       ご案内しますよ。」

商工会   「・・という制度です。
       でも、1回目のリスケが終わる時期まで
       あまり時間がありませんね」

      「う~ん、社長、この資料をご用意戴いた上で、
       月曜日以降で打ち合わせ可能ですか?」

       具体的な進め方を確認した上で、MTGが終了、
       商工会を出たところで
       協会のご担当者にお礼をし、建物を後にしまた。

社長    「坂本さん、信用保証協会と言うのは、
       私たちにはよくわからない存在でしたが、
       このようにお会いし当社の説明を聞いて下さるとともに、
       親切に対応戴けるんですね。」

坂本    「今日は、本当に親切な方に対応戴きましたね。
       でもきちんと資料を作成し、
       事前に面談の時間を予約した上で行けば、

       他の協会でも親切に対応戴けると思いますよ。
       保証協会の制度については、
       各協会間で差があり混乱することもありますから、
       電話でも、訪問でも、
       積極的にアプローチしてみるのもよいかもしれませんね。

       そうそう、肝心の2年目の元本棚上げと、
       根保証外しについての回答は戴いていないのですから、
       油断せず頑張りましょう!」

———————————————————————-

如何でしたか、根保証外し&2年目の元本棚上げの依頼の場合でも、
このように、保証協会さんは親切に対応して下さることも有るんです。

続いて、もうひとつエピソードを紹介します。

【前例を作って戴き感謝の巻】

某県で、協会付CLOのリスケをお願いしたときのお話です。

———————————————————————-

社長    「おかげさまで、
       各金融機関の支援によりリスケが決まりました。
       ただ協会付CLOがリスケ出来ないと、
       依然として資金ショートの可能性があります。
       前回、前例が無いとの説明を受けましたが、
       何とかご支援いただけないでしょうか!」

協会    「ご支援したい気持ちは十分ありますが、
       当事者が協会、御社だけでないため商品設計上、
       難しいのです。
       御社だから応じないのではありませんよ、
       当協会での前例が無いのです。」

社長    「商品の性質は、理解しています。
       ただ、○○県、××県の保証協会では、
       この商品のリスケに応じるといいます。
       実際に電話して確認致しました。」

      「ご覧の通り、経営改善計画書でお約束した改善は、
       全て前倒しで実施しています。
       しかし、協会付CLOがこのままでは、
       当社の努力も、他の金融機関さんのご支援も
       無駄になってしまいます。」

      「どうにか、ご支援お願い致します。」

協会    「リスケに応じたという○○県、××県を教えて戴けますか。
       当方でも、事実確認と実現方法を聞いてみます」

      このような、やり取りを数週間続けた後、連絡を戴きました。

協会    「返済後、速やかに同額を折返し融資するという方法で、
       リスケと同じ経済効果を出すことが
       出来るように調整しました。」

社長    「ありがとうございます!
       でもそもそも枠が無かったはずですが。。」

協会    「特別枠として、新たに設定致しました。」

———————————————————————-

おそらく、上は○○県の保証協会で、
協会付CLOのリスケ(と同じ効果)に応じた初めてのケースだったと思います。

【教訓】
信用保証協会を積極的に活用しましょう!

皆さんの知らない○○枠という制度があるかもしれませんし、
前例が無い依頼にも応じて戴けるかもしれませんよ。

 

関連記事

  1. 坂本利秋コンサルタントコラム 『腕時計投資』から、投資を考える
  2. 坂本利秋コンサルタントコラム 外国人労働者受け入れの機会を活かすには
  3. 坂本利秋コンサルタントコラム 『金融庁のレポートと方針』を分かりやすく解説
  4. 坂本利秋コンサルタントコラム 商標と特許の情報リサーチ法
  5. 坂本利秋コンサルタントコラム 求人サイト利用の考察
  6. 坂本利秋コンサルタントコラム 『一般派遣労働事業』に関する審査状況の考察
  7. 坂本利秋コンサルタントコラム 掛け算と足し算で粗利アップ↑
  8. 坂本利秋コンサルタントコラム 人手不足の実感
PAGE TOP