坂本利秋コンサルタントコラム

為替デリバティブで致命傷を負っていませんか?

最近、為替デリバティブの損害に関する記事を
目にすることが多くなってきました。

ざっとリストアップしただけでも、以下の通りです。

「通貨デリバティブで経営難、金融庁が実態調査へ」読売新聞12/4

「中小企業の破綻増加は必至、銀行がはめた為替デリバティブの罠」
週刊ダイヤモンド
http://diamond.jp/articles/-/10258

「ニポロス破産手続き開始決定、為替デリバティブ」帝国データバンク

上の記事は皆さんにとっては、対岸の火事でしょうか?
それとも、まさに今当事者となっているでしょうか?

さて、今回は、為替デリバティブで既に致命傷を負っている方、
及びその予備軍に向けてレポートします。

現状認識の仕方、目標設定(=現状とのギャップ認識)、
解決策の順に展開します。

1.現状認識

 まず、問題の為替デリバティブ取引の書類(契約書、決済通知書)を
 準備の上、3分間熟読して下さい。
  
 ・・・・・・・

 それでは、取引の内容を説明して下さい。
   
 1)回答できない方
  概要を理解していない取引を締結している事になりますね。

  本業分野での売買契約書、業務委託契約書、ライセンス契約書等は、
  隅々まで理解した上で締結しているでしょうから、
  為替デリバティブ取引のみ異常な状態にあるといえます。
 
  すぐに為替デリバティブに詳しい方を見つけて
  取引内容を理解しましょう。
  
  ⇒もしも、適任者がいらっしゃらなければ、
   当社(0120-59-8686)へ連絡ください。
   無料で簡易説明を致します。

 2)回答できる方
  概要を理解していますね。続いて、質問致します。

  このままの為替レートが続いた場合、10%円高に進んだ場合、
  通貨オプション取引であればボラティリティが5%増加した場合
  の全社の今後1年間の資金繰り見込みを説明して下さい。

  正しく回答出来る方は、現状認識レベルが高いと予想します。

  回答出来ない方は、
  会社の生命線である資金繰りが読めないことになります。
  後手を踏んで資金ショートで会社破たんのリスクがありますね。
  
  1)と同様に、すぐに現状認識作業に入ることをお勧めします。

 3)補足
  上は現状認識の一部を紹介したに過ぎません、
  ここでは紙面の関係から全てを記載すること出来ませんが、
  正確な現状認識なくして、解決は出来ないと思われます。

  ⇒お気軽に無料相談もご利用ください(0120-59-8686)

2.目標設定
 これは、1の現状認識の結果に大きく依存致しますので、
 割愛致します。

 必要にして十分な現状認識が出来ている方で、
 それ以降の相談を希望される方は、
 ⇒お気軽に無料相談をご利用ください(0120-59-8686)

3.解決策
 これも、2の目標設定の結果に大きく依存するため、
 画一的な解決策を示す事が出来ませんが、
 解決策を考えるための重要なポイントを幾つか紹介いたします。

 1)金融機関と協調しながら進める    (対立路線は長期的に不利益)
 2)金融機関のデリバティブ管理手法理解 (相互理解が必要)
 3)デリバティブ商品の理論理解     (商品理解が必要)
 4)デリバティブ商品の価格形成の実践理解(実価格の理解が必要)

  いかがですか?

  独力で上のポイントを押さえながら解決していく
  明確なイメージを持てるでしょうか?
  おそらくは、皆さんの不得手な分野で、
  解決への自信が持てないと思います。

  そのような方は、為替デリバティブに精通しながら
  部分最適の解決策でなく、全社最適と整合性のあるプランを
  構築できる方に相談すべきです。

  ⇒不幸にもそのような方が回りにいないという方も、ご安心を。
   当社がおります!ぜひ、一度ご相談ください。(0120-59-8686)

   現状認識から、目標設定、解決策の提示まで
   皆さんのパートナーとしてお手伝い致します。

 

関連記事

  1. 坂本利秋コンサルタントコラム 商標と特許の情報リサーチ法
  2. 坂本利秋コンサルタントコラム 坂本利秋が開催するM&Aセミナーのおしらせ
  3. 坂本利秋コンサルタントコラム 『赤字の会社でも、売却可能なノウハウ』VOL.2
  4. 坂本利秋コンサルタントコラム クライアント様にエールを送る!
  5. 坂本利秋コンサルタントコラム 掛け算と足し算で粗利アップ↑
  6. 坂本利秋コンサルタントコラム 人手不足の実感
  7. 坂本利秋コンサルタントコラム 求人サイト利用の考察
  8. 坂本利秋コンサルタントコラム IT化は、進んでいますか?
PAGE TOP