坂本利秋コンサルタントコラム

会社の健康診断のお話

今週、都内某所へ半日ドックへ行く予定です。
ヒトの体も、会社も年に1回くらいは健康診断を受けた方が良いですね。

さて、今回は1分でできる会社の健康診断方法について述べます。

1.準備すべきもの
 3期分の決算書、電卓、鉛筆をご用意ください。

2.直近1期分の貸借対照表の修正
 1)左側の資産の中で、実際には大きく価値が毀損している科目3つを選択し
  鉛筆で現在の価値を記入下さい。(概算値で構いません)
  
  *売掛金、商品、土地建物、各種在庫、ソフトウエア、有価証券あたりが
  対象になることが多いように思います

 2)毀損額(資産が目減りした額)を、株主資本へ加えてください。
  株主資本が減るはずです。

3.チェックシート
 早速、問診を始めましょう!
 1)から10)の設問に対して、a),b),c)から最も妥当思われるものを
 選択して下さい。

 1)直近決算の当期利益が
  a)2期以上連続赤字、b)直近の1期のみ赤字、c)直近は黒字

 2)資金繰りが、
  a)1か月先も目処立たず、b)6カ月以内は問題無し、
  c)6ヶ月超でも問題無し

 3)金融機関からの新規借り入れが、
  a)出来ずにリスケ中、b)出来ない可能性あるもリスケはしていない、
  c)可能な状況

 4)実態純資産が、
  a)赤字(債務超過)である、b)なし、c)黒字である
  *実態純資産額は、2.2)で算出した金額を用いてください。

 5) 有利子負債/自己資本の割合が、
  a)2倍以上、b)1倍以上2倍未満、c)1倍未満

 6) 勝負をしている市場の規模は将来的に
  a)縮小傾向である、b)ほぼ変化なし、c)拡大傾向である。

 7)社員の退職(出産、結婚退職等は除いて考えましょう)
  a)増加傾向、b)特に変わらず、c)減少傾向

 8)社長の現場回り
  a)多忙により現場回りが減少気味、b)あまり変化なし、
  c)増加傾向又は以前から現場主義徹底

 9)当社の噂
  a)悪いうわさが増えてきたように感じる、b)特に変わらず、
  c)悪いうわさが減ってきた

 10)当社の強み
  a)特になし、b)品質、納期(スピード)、価格の内、1つか2つが該当、
  c)左記の3つ全て

4.診断
 a)を3点、b)を2点、c)を1点として合計点を算出ください。
 2)のみは、a)を10点、b)を5点、c)を1点として下さい。

=====================================
合計点 10点~15点 短期的には問題ないと思われますが、油断は禁物です。
    16点~20点 短期的にも問題ありと思われます。早めの対応が必要です。
    21点~   いますぐの緊急対応が必要と思われます。
=====================================

上の診断は、「ひと」、「もの」、「カネ」のうち、
カネに重きを置いたもので、必ずしも正確性、妥当性のあるものとは
限りませんが、一つの目安としてご利用戴ければ幸いです。

5.処方箋

 医師であれば、健康診断結果及び問診の後、必要な精密検査を行い、
 『完治可能と思います、治療方法はこの新薬か、この手術が必要と思われます。
 それぞれのメリット、デメリットは○○です。』となるでしょう。

 コンサルも同様で、各種資料及びヒアリングにより現状把握を行い、
 『この目標達成は可能と思います。目標達成の実現方法は、
  A,B案のいずれかです。』

 また、より効果的な治療(=コンサルティング)を行うためには、
 症状(=各社の状況)に応じた対応が必要です。

 精密検査(=個別のコンサルティング)を希望される読者が
 いらっしゃいましたら、お気軽に0120-59-8686までお電話願います。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 坂本利秋コンサルタントコラム 事業承継のヒント
  2. 坂本利秋コンサルタントコラム 記録的な大雪被害に対するTwitterによるリスクマネジメント
  3. 坂本利秋コンサルタントコラム とある検察庁に呼び出された物語?
  4. 坂本利秋コンサルタントコラム 都内の『不動産の有効活用や売却作戦』
  5. 坂本利秋コンサルタントコラム 軽くて使い勝手の良い 『iPad mini』活用のススメ
  6. 坂本利秋コンサルタントコラム 3月末の円滑化法期限切れが目の前に迫っています
  7. 坂本利秋コンサルタントコラム 注目のスポーツ選手
  8. 坂本利秋コンサルタントコラム 『金融庁のレポートと方針』を分かりやすく解説
PAGE TOP