坂本利秋コンサルタントコラム

ビジネスバックダイジェストの勧め!

はー、重くて移動が大変なんです。

これは、本気でダイエットしなければいけません。

体もそうなんですが、今回はかばん、ビジネスバッグです。

軽い日で5kg、重い日は10kgを超えているかも。

今日はこんな感じですが、5kgはありそう。

                推定重量   重要度 ときめき度

ノートPC           2.0KG   ◎    ×
PC周辺機器          0.5KG   △    ×
かばん             0.5KG   ○    ○
携帯、WIFI ×3         0.5KG   ◎    ○
資料(厚さ5CM)  ×1    1.0KG   ◎   測定不能
折りたたみ傘          0.2KG   ×     ×
書籍        ×2    0.2KG   ○     ○
ミネラルウォーター ×1    0.5KG   ×     ×
—————————————————————
      合計        5.4KG     

最初は、ダンベルがわりで一石二鳥と思っていましたが、
だんだん肩や、肘が痛くなってきました。

ということで、本気でダイエット宣言です。
まずは、取捨選択の基準が必要なので、
重要度と、ときめき度を設定しました。

目標は、2.5kg!です。

かばんは、軽量型で値段もそこそこしたので、このまま。
携帯とWIFIも、もはや必需品。手放すイメージもてないな。
ここで、既に1.0kgが確定

資料は、最重要だけれども、やっぱり重すぎる。
紙資料は最小限にして、その他はデジタル化しよう。クラウドでOKなはず。

傘は、雨でも殆ど差していないから重要度は低い、
さらに、全くときめかない。
でも、万が一、かばんの防水機能を突破し、
中身が濡れてしまうリスクは避けたい。
主な訪問先毎に折りたたみ傘を置いて、傘を携行するのは止めよう。

書籍は、0.2kgだし、このままでいいや。
ここまでで、計1.2kg。

ミネラルウォーターは、重要度も低いし、全くときめかない。
かばんに、それらしき場所があるので、なんとなく携行しているにすぎない。
なので、止めます。

さて、目標の2.5kgまで、1.3kgの上乗せの余地しかない。
残る、PCと周辺機器は、計2.5kgもあるというのに。

ノートPCは、省電力仕様にしても
1時間ちょっとしかもたないのでケーブル携行が必要。

このPCにも頑張ってもらっているけど、
CPU使用率が100%に張り付くこと多く、
負担軽減のためガタガタのフォントで我慢しています。
突然固まることも増えてきました。

そろそろ、バトンタッチの時期です。

狙うは、1.3kg以内で長時間使用出来るノートPCです。
インテルが提唱するウルトラブックが最有力かな。

中でもToshibaのdynabookR631を狙っています。
確か本体重量1.1kgで、バッテリー駆動時間9時間だったはず。
実駆動時間は9時間もないと思いますが、
予備のバッテリーを主要箇所においておけば、問題無いでしょう。
ということで、1.1kgでPCの手配が出来ました。

総合計は2.3kgで、目標値の2.5kgを達成する事が出来ました!

これは、私の荷物のお話でしたが、会社の経費の削減にも応用できますね。

      月次経費 推定削減額 削減可能性 即効性 粗利への影響度

給与    1,200千円
家賃     300千円
通信費    200千円
広告宣伝費  200千円
支払手数料  150千円

推定削減額等の切り口は、きちんと考える必要はありますが、

【現状認識をし、目標値を定めて、削減手段を積み上げていく】
というアプローチは、かばんのはなしに通じるものがあると思います。

ポイントは、目標値を定めた後に、削減手段を積み上げていくことです。

削減手段の積上げから行うと、
目標値に大幅未達になる可能性大ですので、ご注意を。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 坂本利秋コンサルタントコラム 大事な不動産を守り活用する法
  2. 坂本利秋コンサルタントコラム 掛け算と足し算で粗利アップ↑
  3. 坂本利秋コンサルタントコラム 3月の売上が続くとして、あと何ヶ月耐えられますか?
  4. 坂本利秋コンサルタントコラム その事業承継は間違っていませんか?
  5. 坂本利秋コンサルタントコラム 再生手法から学ぶ現金主義経営
  6. 坂本利秋コンサルタントコラム 人材紹介会社活用についての特別ノウハウ
  7. 坂本利秋コンサルタントコラム 風雲急を呼ぶ『尖閣諸島』
  8. 坂本利秋コンサルタントコラム グルメ坂本レポート『八重洲のおすすめランチ』
PAGE TOP