坂本利秋コンサルタントコラム

とある検察庁に呼び出された物語?

先日、貴重な経験をしました。
呼び出されて検察庁に出向いたのです。

いえいえ、悪いことなんてしていませんよ。
一部脚色しながら、ご紹介します。

ある社長につき添いを依頼され、
社長、弁護士、私の3人での訪問となりました。

社長の経営する会社で被った被害に対して、
民事での裁決後、刑事にて告訴中です。

受付を済ませエレベーターに乗り込んだ所で、弁護士さんがポツリ

「このエレベーターは凶悪犯罪の容疑者も使用するんですよ、怖いですよね」

確かにそうだなあと思い、待合室に到着。

検察事務官?が入ってきて、○○検事取り込み中により、
面談開始時間が遅れますとのこと。

時間持て余し気味に室内を見渡すと、ありました。

「警察と同じことを質問されるかもしれませんが、正直に答えるように!」

記憶が不確かですが、こんな主旨の事が書かれていました。

何も悪いことはしていませんが、スッと背筋が伸びてしまいます。

20分ほど経ったでしょうか、準備が出来たとのことで検事室へ移動です。

お会いする検事の個室だと思いますが、
正面に検事のデスク、横に検事のデスクと直行するように
配置された検察事務官?のデスクがありました。

ちょうど、木村拓哉主演のドラマ「HERO」の木村拓哉と
松たか子のデスクのようです。

「社長、民事裁決しましたが、今の心情は如何ですか?」

質問の主旨が不明だったのでしょう、社長が回答を探していると

「民事裁決でも気が晴れず、
 刑事での告訴を継続したいというお気持ちですか?」

『もちろんです。民事で勝ちましたが、先方は全く反省の色が見えません。
 また、法に対する挑戦的な態度すら見えます。
 当社の件だけでなく、社会全体の利益のためにも、
 告訴継続を強く希望します。』

会話には全く加わらず聞き役に徹していましたが、
社長の言葉に心の中で同意していました。

「そうですか。念の為、告訴を継続した場合の
 一般的な流れについて説明致します。」

慣れていらっしゃるんでしょう、
3パターンの結果について平易な言葉で分かり易く説明して下さいます。

「続けて、本事案の類似ケースで説明します。(中略)
 仮に裁判になったとしても、最高刑で○○です。
 つまり、民事の判決を下回る可能性があります。
 また、裁判の過程で御社にとって不利な情報を
 開示しなければならない状況も考えられます。
 その情報がメディアを通じて公表され、
 御社が2次被害を被るかもしれません。」

「再度、お聞きしますが、告訴を継続されますか?」

なるほど、社長より今回検察に呼ばれる主旨が
今一つ分からないと伺っておりましたが、
ここが今日の本題だったようです。
検事は、告訴取り下げを引き出したかった模様です。

(検事の人数に限りがある中では、当然、凶悪性の高いもの、
社会への影響が大きいもの、国民の関心が高いことに
リソースを集中させるのは、当然ですものね。
告訴順の処理では、問題生じます。)

『今のお話を伺っても、やはり告訴を取り下げる事は致しません。』

「本日は、社長の心情面をお聞きしたかったのですが、わかりました。
 また、何らかのお願いをこちらよりするかもしれませんが、
 その際はよろしくお願い致します」

会社を守りたい社長、社会正義を守りたい検察、どちらも応援しますが、
良い落とし所が見つかるといいですね。

本件が、今後不起訴となるか、起訴となるか分かりませんが、
貴重な経験であったこと間違いなく、メールに残しました。

 

関連記事

  1. 坂本利秋コンサルタントコラム 信用保証協会を積極的に活用しよう
  2. 坂本利秋コンサルタントコラム 業務用エアコンの定期点検の義務化
  3. 坂本利秋コンサルタントコラム 磯部塗装株式会社の磯部社長がなんと無料面談の告知
  4. 坂本利秋コンサルタントコラム 会社売却で絶対後悔しない極意公開
  5. 坂本利秋コンサルタントコラム 分かりやすいM&Aを漫画で解説 vol.1
  6. 坂本利秋コンサルタントコラム 大事な不動産を守り活用する法
  7. 坂本利秋コンサルタントコラム 『赤字の会社でも、売却可能なノウハウ』VOL.2
  8. 坂本利秋コンサルタントコラム 為替デリバティブの解決方法が大きく変わる
PAGE TOP