坂本利秋コンサルタントコラム

風雲急を呼ぶ『尖閣諸島』

尖閣諸島周辺が、緊迫してきました。
報道によると、数日間の動きは以下の通りです。

「直接の要因は、9月9日の野田総理と胡主席会談での、
 尖閣諸島の国有化に対する警告を無視し、11日に閣議決定をしたため。
 中国内で大規模な反日デモ起きるも、
 中国政府への不満のガス抜きもありしばらく黙認。
 17日頃から、逮捕者が出始めた模様。
 現在、1,000隻の中国漁船(武装化しているんでしょう)が
 尖閣諸島を目指している。」

ここで、3点疑問があります。

1.野田総理は、実効支配しており中国に対して
 無視の姿勢でも良いはずの状況下、なぜ国有化を急いだのでしょうか?

石原都知事の動きを抑えるためとしても、急ぎ過ぎの感があります。
アメリカからの助言があったようにも見えませんし、
そもそも、外務省からの助言は無かったのでしょうか?

(一部サイトにおいて、外務省のチャイナスクールが国益よりも、
省益拡大を優先し、あえて国有化を進めさせたとのコメントもありますが、
本当でしょうか?)

2.中国政府は、しばしばデモを黙認しますが、
 コントールし続けることは可能なのでしょうか?

ガス抜きという目的は、分かるんですよ。

今回も、独立運動が活発な地域でのデモは無いようですから、
これまで通り鎮静化に向かうのでしょう。

しかし、ちょっとした中国政府のコントロールミス、偶然等が重なり、
一気にデモがコントロールできなくなるリスクが高いと思います。

全国に広がる前に軍が出動すれば、鎮静化は出来るかもしれませんが、
国際社会での孤立が進み、中国政府の弱体化が進むのでしょう。

3.いま、まさに1,000隻の中国漁船が尖閣を目指しており、
1両日中に尖閣に到着する模様です。

海上保安庁で対応出来るのでしょうか?
保安庁は全国で446隻を保有してますが、
仮に瞬時に尖閣に配置しても(既に現実的でないですが)、
446対1,000で数的に不利であり、
さらに漁船は武装しており装備面でも不利でしょう。

両にらみが続くも、最後は中国漁船が帰っていくのが良いのでしょうが、
最悪の場合は自衛隊が出動し、さらに緊迫感が増してしまうのでしょうか。

経験の少ない民主党には、難しいかじ取りだと思いますが、
行方を見守りたいと思います。

 

関連記事

  1. 坂本利秋コンサルタントコラム 破綻危機から、奇跡の復活レポート
  2. 坂本利秋コンサルタントコラム 新春の決意新たな坂本利秋コラム
  3. 坂本利秋コンサルタントコラム 給料は自分で決める!で成功している企業
  4. 坂本利秋コンサルタントコラム 記録的な大雪被害に対するTwitterによるリスクマネジメント
  5. 坂本利秋コンサルタントコラム ネット上の風評被害対策
  6. 坂本利秋コンサルタントコラム 会社売却支援で選ばれる理由
  7. 坂本利秋コンサルタントコラム 地方再生のモデル『オガールプロジェクト』の現地視察レポート
  8. 坂本利秋コンサルタントコラム へぇ~そうなんだと思った進学のお話
PAGE TOP