坂本利秋コンサルタントコラム

ネット上の風評被害対策

平成25年4月15日付東京地裁の判決記事が興味深いものでした。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG15043_V10C13A4CR8000/?dg=1

ある男性の名前をグーグル検索すると犯罪を連想する単語が予測表示され、
そのことにより就職が困難になり、ついに裁判へ移行した。

男性提訴内容
「表示差し止め」と「1,300万円の損害賠償請求」

東京地裁判決
「表示差し止め」と「30万円の損害賠償」
名誉棄損とプライバシー侵害を認めた形
就職困難との因果関係までは認めず

本件は、一人の男性のお話でしたが、
多くの企業でも類似ケースがみられるものと思います。

では、実際にグーグルで自社名を検索してみてください。
画面上に「他のキーワード」、
下に「関連するキーワード群」が表示されます。
倒産、不渡り等のキーワードがでてきたりしませんか?

小職と付き合いのある企業でも、倒産、不渡り等の関連ワードが表示され、
営業上大きな被害を被っています。
もちろん、そんな事実は無い企業なのにです。
弁護士からグーグルへ表示差し止め依頼するも表示されたままです。
現在は、逆SEOサービス等を用いており、やや改善してはいますが、
そもそもは不要だった費用です。

今回の判決は、名誉棄損等を理由とする表示差し止めのようですから、
今後は、企業でも同様の判決が出されることを期待します。

さらに、各種掲示板での無責任な投稿も
名誉棄損状態の放置という点において、
グーグルの件と同じと思われます。

無責任なネット投稿や検索結果が原因で
企業が窮地に立たされるのは絶対に許せません。

当社では、ネット被害にあった企業、
逆SEO等のネット被害対策企業とも付き合いがあり、
被害事例、解決方法等を数多く有しております。

今まさにネット被害で困っている経営者は、
当社の無料面談を利用してみて下さい。

 

関連記事

  1. 坂本利秋コンサルタントコラム 人手不足の実感
  2. 坂本利秋コンサルタントコラム 事業承継のヒント
  3. 坂本利秋コンサルタントコラム IT化は、進んでいますか?
  4. 坂本利秋コンサルタントコラム 新春の決意新たな坂本利秋コラム
  5. 坂本利秋コンサルタントコラム 推奨図書『周りが自然に助けてくれる人の仕事術』
  6. 坂本利秋コンサルタントコラム 再生手法から学ぶ現金主義経営
  7. 坂本利秋コンサルタントコラム 自社商品は好きですか?
  8. 坂本利秋コンサルタントコラム 破綻危機から、奇跡の復活レポート
PAGE TOP