坂本利秋コンサルタントコラム

人手不足の実感

増税前の駆け込み需要があっても、
東北復興に人が割かれており、人手が全然足りない。
中期でも、東京オリンピック決定で建設ラッシュ期待あるも、
人手足りないのでは。

新聞等でこの手の記事であふれていますが、
この1週間で、小職が直接聞いた生きた
情報を備忘録を兼ねてお送りします。

1.東北の工業地帯(自動車、半導体製造が多い)
 1)需給ギャップがとにかく大きい。
  請負会社、派遣会社へのオーダーはいくらでもあるも、人が集まらない。

 2)工場は3月まで24Hフル稼働も、人数が不足していることから残業に依存。

 3)時給のアップは顕著ではないものの、
 残業量増加、採用コスト増大は明らか。

 4)一部工場では、中国人労働者に加えて、
  フィリピンからの受け入れを計画中。
  フィリピン国内で採用、研修(マナー、日本語)を行う企業と提携を検討。

 5)40歳を超えると製造現場から管理に回る事が多いが、
  これを緩和し、工場従事者を増やす動きもみられる。

2.関東圏の建設会社
 1)仕事は取れるが、人手不足を懸念。特に施工管理者。

 2)求人誌への掲載行うも、採用コストは上昇傾向。

 3)ハローワークへ掲載するも、採用レベルに達する人は減少傾向。

 4)資金繰り悪化による零細建設企業の撤退も散見されるが、
  残った社員は一人親方として独立するケースが多い。
  (特に有資格者は、ほとんどが独立している印象)

3.関東圏の建築会社
 1)協力会等の組織を持たない建築会社では、
  基礎、大工、内装業者の奪い合いが激化。

 2)下職代の上昇には至っていない。
 

少なくとも製造と建設業界においては人手不足は明らかです。

更なる効率化、高齢者の再雇用等では追いつかないように見えます。

遅滞なく受注業務を完遂するには、
海外からの受入を強化せざるえを得ないでしょう。

今後も同じ方に定期的にヒアリング行い、
結果をメルマガで報告したいと思います。

 

関連記事

  1. 坂本利秋コンサルタントコラム 給料は自分で決める!で成功している企業
  2. 坂本利秋コンサルタントコラム 自己資本額と比率にビックリする会社?
  3. 坂本利秋コンサルタントコラム アメリカTVドラマレポート
  4. 坂本利秋コンサルタントコラム 業務用エアコンの定期点検の義務化
  5. 坂本利秋コンサルタントコラム 3月末の円滑化法期限切れが目の前に迫っています
  6. 坂本利秋コンサルタントコラム IT化は、進んでいますか?
  7. 坂本利秋コンサルタントコラム オリンピックを楽しみましょう!
  8. 坂本利秋コンサルタントコラム 『一般派遣労働事業』に関する審査状況の考察
PAGE TOP