坂本利秋コンサルタントコラム

地方再生のモデル『オガールプロジェクト』の現地視察レポート

事業または企業レベルでの再生経験を積んできましたが、
地方レベルでの再生について興味を持っていました。

一般的な地方再生のイメージは補助金ありきで大きな箱モノを作り、
政治家、役人、一部の地元建設会社は潤うものの、
永久に赤字から抜け出せない、という感じでしょうか。
再生どころか破たんへ加速する行為にしかみえません。

そんな中、補助金に頼らずに地方再生を実現しつつある
素晴らしいプロジェクトがあります。
岩手県紫波町にあるオガールプロジェクトです。

先日、念願かない訪問することが出来ました。

12月某日に紫波中央駅に到着です。
帰りの切符を先に購入しようと思うも、
無人駅で見慣れた券売機も見当たりません。
どうにか切符を購入し外に出ると、
目の前にオガールの建物がありましたが、人の気配がありません。
さすがにこの雪では仕方ないか、というか失敗したかな?

建物の中に入ると印象が一変。

最初に図書館を訪問しましたが、明るく解放的な作りで、
外が雪であることを忘れてしまいます。
通路も広く取られており、お年寄りにも優しい作りです。
2階は眺めの良い図書室と自習室が設置されています。
オガール内には学習塾も入っており学ぶ環境が整っています。

図書館の隣には会議室があり、その時もおそらく商談でしょう、
会議が行われておりました。
記憶が不確かですがPC、インターネット環境、
コピー機等のインフラも整っており、
ビジネスの場でもあることがわかります。

小腹が減ったので、シュガーズカフェに向かいます。
14時頃でしたが店内はほぼ満席でワイワイといい感じです。
インテリアもおしゃれで、あれ表参道だっけ。
エッグベネディクトが有名ですが、
前日までの予約が必要とのことで断念、
アイスにエスプレッソをかけたものを戴きましたが、おいしい。

続いて利きイタリアワインセットなるものを発見してしまい注文。
グラスで3種ですが、バローロも入り確か1000円程度で超お得。
時間の都合で飲食できませんでしたが、
その他の飲食店も個性的で魅力的でした。
遠方地からでも訪問する価値のある食の場です。

他にも日本初のバレーボール専用アリーナ、宿泊施設、
建設中の市庁舎、分譲地がオガール内にありますが、
今回は訪問できずでした。次回は夏に宿泊で来よう。

以下、参考URL
http://toyokeizai.net/articles/-/56603
http://www.ogal-shiwa.com/
です。

 

関連記事

  1. 坂本利秋コンサルタントコラム 会社売却で絶対後悔しない極意公開
  2. 坂本利秋コンサルタントコラム 会社売却支援で選ばれる理由
  3. 坂本利秋コンサルタントコラム 3月の売上が続くとして、あと何ヶ月耐えられますか?
  4. 坂本利秋コンサルタントコラム 記録的な大雪被害に対するTwitterによるリスクマネジメント
  5. 坂本利秋コンサルタントコラム M&Aセミナー予告編
  6. 坂本利秋コンサルタントコラム M&Aマーケットの考察
  7. 坂本利秋コンサルタントコラム 3月末の円滑化法期限切れが目の前に迫っています
  8. 坂本利秋コンサルタントコラム 東京マラソン応援レポート
PAGE TOP