坂本利秋コンサルタントコラム

年度末ならではの住宅ローン金利ダウンの秘策

住宅ローン中のみなさんに朗報です。

3月末までならば借換せずとも住宅ローン金利引下げの可能性が大です。
所要時間はたった15分、書類を集める必要もなく、
借換手数料はもちろん不要で0.4%!の引下げができました。

たった15分で家計の見直しが出来るかもしれません、
借換えは面倒とか、手数料負けしてしまうという方は
急いでチャレンジしてください。

以下、実録です。

1.ネット銀行の住宅ローン(借換)を仮審査申し込み(所要時間10分)

2.即時に仮審査合格メール届く

3.住宅ローン銀行と電話やり取り(所要時間5分)
 「○×銀行で今よりも0.8%も低い金利で審査通りました。
  でも給与もカードも全部御行を利用しているので
  できれば借り換えたくないので
  金利を引き下げてもらえませんか?(直球勝負です)」
 『少々お待ちください。
 (10秒程度何かを検索している音)
  異例ではございますが、今回に限り対応させて戴きます。
  金利は○×銀行には及びませんが
  現キャンペーン金利までは対応致します。
  いかがでしょうか?』
 「ありがとうございます!」
   
以上です。ほんとにこんなにあっさりと終わりました。

各行決算時の住宅ローン残高の目標(もう着地予想)が設定されているので、
土壇場での他行への借換えは困りますよね。

4月以降も交渉可能だとは思いますが、3月中の方が交渉力がありますので、
今月がおすすめです。

 

関連記事

  1. 坂本利秋コンサルタントコラム 東京マラソン応援レポート
  2. 坂本利秋コンサルタントコラム 地方再生のモデル『オガールプロジェクト』の現地視察レポート
  3. 坂本利秋コンサルタントコラム 注目のスポーツ選手
  4. 坂本利秋コンサルタントコラム 新春の決意新たな坂本利秋コラム
  5. 坂本利秋コンサルタントコラム 風雲急を呼ぶ『尖閣諸島』
  6. 坂本利秋コンサルタントコラム 社会保険料延滞問題のソリューション実態調査レポート
  7. 坂本利秋コンサルタントコラム 『金融庁のレポートと方針』を分かりやすく解説
  8. 坂本利秋コンサルタントコラム 信用保証協会を積極的に活用しよう
PAGE TOP