坂本利秋コンサルタントコラム

人材紹介会社活用についての特別ノウハウ

中小企業の採用の現場では社員からの紹介、ネット求人媒体、
新聞、ハローワーク等が一般的かと思いますが、
若干名のハイスペック人材採用では
人材紹介会社に依頼することもあるでしょう。
(他ルートと比較すると、成果報酬とはいえ手数料は高いのですが。。。)

今回は人材紹介会社との裏技的な付き合い方を披露致します。

求人を依頼したものの「そもそも応募が無い」、
「応募があったけれど望む人材ではなかった」
という経験があるでしょう。

求職者目線での転職プロセスから改善点を探りましょう。

1.求職者が紹介会社に登録する。
2.紹介会社のキャリアアドバイザー(以下CA)が求職者と面談し希望を聞く
3.CAが求人DBを検索し条件に合う企業を求職者に紹介
4.求職者と求人企業が面談し内定を出す
5.求職者がCAに相談(条件アップの可能性は?、内定数社のうちどこが良い?)
6.求職者が入社意思表示

結論からいうと3,5に大きな改善点があります。(他にもあるでしょうが。)
CAが求職者へ与える影響の大きさを逆手にとって、
CAを当社のファンにしてしまう作戦です。
これができれば当社を優先的に推してくれるでしょう。

続いてCA目線で考えます。

1.営業職なので自身の売上が大事
(高年収企業が好き。年収×手数料率≒売上だから)

2.お客様である求職者からのクレームが無い企業を好む
(書類審査が厳しい、対応が遅い、面談態度が悪い、求人票が嘘だらけ、
つぶれそうな会社は絶対に紹介できない。)

1の年収水準は簡単に変えられませんが、2は比較的簡単にできますよね。
しかし2でも電話で紹介会社に伝えるだけでは不十分です。
私たちが普段話をしている方はCAではなく、企業側の担当だからです。

情報の流れはこんな感じ。
求職者-【CA(求職者側担当)-企業側担当】-求人企業

やっと結論です。
CAに求人会社である当社が直接説明する機会を設ければ良いのです。
事実、十数年前に小職自身が数十人のCAの前でプレゼンを行い、
翌週になると一気に面談者が増えました。

つい先日も支援先の社長と2名で某人材紹介会社を訪問し、
CA目線を意識した資料とプレゼンをCAに行い非常に好感触でした。

こんなに良い会社だと自信を持って言えるのに、
なぜ紹介会社は紹介してくれないんだ!
という中小企業経営者は一度トライしましょう。

紹介会社への依頼方法等でご支援が必要であれば、
いつでも連絡下さい。サポートさせて頂きます。

 

関連記事

  1. 坂本利秋コンサルタントコラム 国難による経営危機に対する対策
  2. 坂本利秋コンサルタントコラム ターゲットとなる潜在顧客がどこにどれだけいるかわかって商売してい…
  3. 坂本利秋コンサルタントコラム へぇ~そうなんだと思った進学のお話
  4. 坂本利秋コンサルタントコラム 為替デリバティブの解決方法が大きく変わる
  5. 坂本利秋コンサルタントコラム 中小企業にこそチャンスの話
  6. 坂本利秋コンサルタントコラム 事業承継のヒント
  7. 坂本利秋コンサルタントコラム M&A補助金活用策
  8. 坂本利秋コンサルタントコラム 人手不足の実感
PAGE TOP