坂本利秋コンサルタントコラム

業務用エアコンの定期点検の義務化

先日、へえ、そんなことがあったんだという学びがありました。
私たちにも密接に関係することなので一読してください。

業務用エアコンの定期点検の義務化
2015年4月より施行だったのですが、
恥ずかしながら全く知りませんでした。
フロン類が充填された業務用エアコンの利用者が対象で罰則もあります。
どこまで厳格に運用されているかは不明ですが、
ランダムな調査もあるようですから、
知識として知っておいた方が良いと思います。

【罰則】
●フロンをみだりに放出した場合、
* 1**年以下の懲役又は50万円以下の罰金*。

●「機器の点検」、「漏えい対処」、「記録の保管」
の「判断基準」に違反した場合、*50**万円以下の罰金*。

●国から求められた「管理の適正化の実施状況報告」
の未報告、虚偽報告は*20**万円以下の罰金*。

●都道府県の立ち入り検査の収去の拒否、妨げ、
忌避した場合は*20**万円以下の罰金*。

●算定の漏えい量の未報告、
虚偽報告をした場合は*10**万円以下の過料*。

【会社が取組べき事】
*「機器の点検」*
簡易定期点検:全ての第一種特定製品。
定期点検:第一種特定製品のうち、一定規模以上の業務用機器。

*「漏えいの対処」*
フロン類の漏えいが見つかった際、修理をしないで
フロン類を充填する事は原則禁止。
適切な専門業者に修理、フロン類の重点を依頼しなければなりません。

*「記録の保管」*
機器の点検・修理・冷媒の充填・回収の履歴は、
当該製品を設置した時から廃棄するまで保存しなければなりません。

*「算定漏えい量の報告」*
使用時漏えい量が「1,000CO2-ton」以上漏えいした事業者(法人単位)は、
所管大臣に報告義務があります。
※1,000CO2-tonはR22・R410A冷媒約500kg、R32冷媒約1,500kgに相当。

【出典:株式会社ACN WEBサイト】
詳しくは環境庁のサイトをご覧ください。
http://www.env.go.jp/earth/airconditioner.pdf

続いて混合介護です。

現在は介護保険のサービスと保険外のサービスと
同時一体的に提供できませんが、
今後は介護が必要な利用者本人だけでなく、
*その家族向けの調理や炊事・洗濯等を事業者が同時に提供できる。*
*(**出典:日本経済新聞 2017.1.16より抜粋)*

今ある介護サービス+パートタイムのお手伝いさんの組み合わせでも
同じことのようですが、一人の介護者が全て行うことで
生産性が上がり利用価格が下がる事を期待です。
記事によると、2017年度中にも東京都豊島区で解禁される見込みとの事。
すこし経過を見てみたいと思います。

最後にセミナーのご案内です。

忙しいという言い訳をしてしばらく開催していなかったM&Aセミナーですが、
急遽2月22日(水)に開催することが決定致しました。
時間は、午後3時からスタートです。
会場は、品川駅高輪口徒歩2分の喜望大地東京本部セミナールームです。
別途メルマガでも告知いたしますが、
現在M&Aに興味ない方でも役に立つ内容ですので、
ご参加検討ください。

 

関連記事

  1. 坂本利秋コンサルタントコラム 記録的な大雪被害に対するTwitterによるリスクマネジメント
  2. 坂本利秋コンサルタントコラム 人材紹介会社活用についての特別ノウハウ
  3. 坂本利秋コンサルタントコラム オリンピックを楽しみましょう!
  4. 坂本利秋コンサルタントコラム 注目のスポーツ選手
  5. 坂本利秋コンサルタントコラム 外国人労働者受け入れの機会を活かすには
  6. 坂本利秋コンサルタントコラム 会社売却で絶対後悔しない極意公開
  7. 坂本利秋コンサルタントコラム 磯部塗装株式会社の磯部社長がなんと無料面談の告知
  8. 坂本利秋コンサルタントコラム 会社の健康診断のお話
PAGE TOP