坂本利秋コンサルタントコラム

M&Aマーケットの考察

1)過去最高の盛り上がりを見せるM&A市場

M&Aの件数は過去最高を記録しています。

日経平均株価が史上最高値となった1989年、
ITバブルの1990年代後半、
リーマンショック前の2007年頃のどの時点をも上回っています。

件数だけでなくM&Aの金額も過去最高レベルに到達しています。
数年以内に、過去最高であったITバブルの1999年を超えることは確実と思います。

1989年に米投資家のピケンズ氏がトヨタ系列の部品会社である
小糸製作所の株式を20%獲得した頃は、
M&Aと言えば敵対的なものばかりで、
買収者は乗っ取り屋等と呼ばれたものでした。

その時代を思えば驚くべき成長です。

いずれにしても、M&Aが特殊な手法でなく、
完全に市民権を得たことがわかるでしょう。

M&A市場の拡大に伴い、
M&A仲介会社(助言会社)が相次いで上場しています。

日本M&Aセンタ―、GCA、M&Aキャピタルパートナーズ、
ストライクという社名を一度は目にしたことがあると思います。

これらの会社は経済誌が特集する高年収会社トップ10の常連でもあります。

常連である総合商社、TVキー局、M&Aのうち、
M&Aが最も高成長が期待できると思いますので転職、
就職先としておすすめです。

社長は転職はできませんから、自己責任で株式投資でもしてください。

話を戻しますが、売却する会社も、買収する会社も、
仲介する会社もどんどん増えています。

しつこくて恐縮ですが、M&Aは忌み嫌うものでも、
特殊なものでもなく、当たり前の手法になっていることを理解して下さい。

2) M&Aの背景と今後の行方

中小企業のうち7割が後継者不在です。なぜでしょうか。

中小企業のうち7割が赤字と言われています。赤字企業を継げと言えますか。

中小企業の社長は連帯保証を負います。万が一の場合は会社も個人も破産です。

中小企業の社長の平均退任年齢は70歳ですから
お子さんは40歳前後が典型例でしょう。

苦労して大学まで行かせ大企業で仕事の面白さを経験し、
結婚して子供もでき、そろそろ管理職も見えてくる中で、
大企業を辞め会社を継げと言えますか。

社長からそんなことは分かっているとお叱り受けそうですが、
当たっていますよね。

子供も同様に考えて継げないのだと思います。
目をかけた従業員に継いでもらうのも良いのですが、
長年サラリーマンを続けた方に連帯保証は精神的、
経済的負担が大きすぎるようです。

7割の企業が黒字になり、
社長の連帯保証が不要になる等の大きな変化が無い限り
中小企業の後継者不在は続きます。

究極的には後継者不在会社は廃業か売却の2者択一です。
廃業とともにM&Aは益々増えるものと予想します。

一方で中小企業を買収する側にある大企業を考えてみましょう。

大企業とくに上場企業は高い株価を維持するために
絶えず成長し続ける必要がありますが、
国内のほとんどの市場は縮小傾向です。

そこで海外市場に進出するか、M&Aを選択するのです。

今後もこの環境は変わらないでしょうから、
M&A意欲が益々強まると思います。

このように中小企業の売却意欲、
大企業の買収意欲が今後も高まることから、
M&Aは成長し続けるものと予想します。

M&Aは少なくとも検討するリスクより、
検討しないリスクが高いと言い切ります。

少しでも興味を持った方は、
2月27日のM&Aセミナーへ申込下さい。

久しぶりのセミナーなのでM&A単体の話でなく、
赤字企業を黒字化した上で一気に進めるM&Aも披露します。

お申し込みは、こちらから。
http://www.gmmi-ma.jp/

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 坂本利秋コンサルタントコラム 経営者向け 会社売却特別セミナー
  2. 坂本利秋コンサルタントコラム 融資時の銀行の審査基準を知って資金繰りを改善しよう
  3. 坂本利秋コンサルタントコラム 信用保証協会を積極的に活用しよう
  4. 坂本利秋コンサルタントコラム 『仕事と介護の両立支援制度』をしり、活用しましょう
  5. 坂本利秋コンサルタントコラム 『腕時計投資』から、投資を考える
  6. 坂本利秋コンサルタントコラム 記録的な大雪被害に対するTwitterによるリスクマネジメント
  7. 坂本利秋コンサルタントコラム 年度末ならではの住宅ローン金利ダウンの秘策
  8. 坂本利秋コンサルタントコラム 人手不足の実感
PAGE TOP