坂本利秋コンサルタントコラム

こんなM&A業者には気を付けろ

買手候補先を探す初期段階で使用するのがノンネームシートです。

売却希望企業の特定はできないまでも、
買収検討に値するかの判断ができる資料です。

実際に見て頂きましょう。

業種 : 介護サービス
希望譲渡価格 : 応相談
譲渡理由 : 後継者不在

スキーム : 株式譲渡
所在地 : 首都圏
年間売上 : 300百万円

営業利益 : 20百万円

以上

架空の会社を想定して作成したものですが業種、エリア、
業績が一通りわかりますので、
買収対象となりうるかの判断ができます。

一方でこの程度の情報では特定は不可能でしょう。

もう一つ見て下さい。

業種 : 介護付有料老人ホーム、グループホーム

希望譲渡価格 : 応相談
譲渡理由 : 後継者不在

スキーム : 株式譲渡
所在地 : 千葉県●●市
年間売上 : 305百万円

営業利益 : 19百万円

特徴 : 老人ホーム38床、グループホーム12床

隣地は総合病院

以上

これだとノンネームとは名ばかりで容易に特定可能です。

特に床数の情報が危ない。

ときどきM&Aのマッチングサイトをチェックするのですが、
容易に企業特定ができる情報が掲載されていて
びっくりする事があります。

競合企業が目にすれば格好の営業のネタになりますし、
該当企業の社員が見れば悪いうわさが一気に広まります。

M&A会社と契約する前には、
正しく情報管理されていることを必ず確認しましょう。

 

関連記事

  1. 坂本利秋コンサルタントコラム 再生手法から学ぶ現金主義経営
  2. 坂本利秋コンサルタントコラム IT化は、進んでいますか?
  3. 坂本利秋コンサルタントコラム 助成金の情報入手ノウハウ
  4. 坂本利秋コンサルタントコラム とある検察庁に呼び出された物語?
  5. 坂本利秋コンサルタントコラム 為替デリバティブの解決方法が大きく変わる
  6. 坂本利秋コンサルタントコラム アメリカTVドラマレポート
  7. 坂本利秋コンサルタントコラム 商標と特許の情報リサーチ法
  8. 坂本利秋コンサルタントコラム 破綻危機から、奇跡の復活レポート
PAGE TOP