坂本利秋コンサルタントコラム

会社売却支援で選ばれる理由

今年の5月より、新規は会社売却案件に特化しています。

全社的に再生案件からM&Aにシフトしたのではなく、
小職のみの動きです。

ここで改めて当社が会社売却支援で選ばれる理由についてお話いたします。

長文になりますので、今回は前編です。

1.全員が経営経験者であること
2.あらゆる課題に対応できること
3.赤字会社の再生プロであること

1.全員が経営経験者であること。

M&A仲介会社、FAに限らずM&A支援会社のほとんどの
コンサルタントは、経営経験がありません。

新卒から一貫してM&Aを究める方、税務・会計コンサルタントと
兼務で行う方、金融機関をはじめとする事業会社からの転職者等が
典型的なM&Aコンサルタントの職歴ですが、
ほとんどがこれまで経営者の経験がありません。

確かにM&Aに関する十分な知識・経験を有してはいますが、
社長の悩みを実感を持って理解することは困難です。

経済合理性から検討するとこうやって解決すべきだと思います。
とは言ってくれます。

おそらく経済合理性だけを考えればその通りでしょう。

しかし、社長の悩みは自身の経済合理性だけでなく、
家族のこと、従業員のこと、取引先のこと、
これまでの恩義、世間体、地域への責任等まで含めたものです。

経営経験が無ければ、
これらは想像の産物でしかなく実感を持つ事ができません。
一生に一度の会社売却のパートナーは、
同じ経営者目線で話ができ、
しがらみまで含めたトータルの悩みを解決できる人を選ぶべきです。

本来のM&A支援の目的は、
協議の経済合理性の追求にとどまらず、
広義の経済合理性の追求またはモヤモヤした悩みを
整理・体系化し最適な解を求めることだと思います。

当社は、M&A実務に関する十分な知識・経験を持つ事は当然として、
多様な企業での経営経験者が支援にあたります。

2.あらゆる課題に対応できること

会社売却を検討したものの、
残念ながら期待した価格がつかないというのは、
良く見られるケースです。

この場合は、
一定期間内で集中的に会社の価値を上げて
再度会社売却に挑戦するのが王道です。

一般的なM&Aコンサルは上のように助言した上で
「それでは定期的に進捗を確認しつつ、
1年後をめどに再度挑戦しましょう。
頑張ってください。またお邪魔します。」となります。

ありていに言うと
「お任せしますので頑張ってください。また来ますね」です。

一定期間内で会社の価値を上げるためには、
財務改善に留まらず、組織・人事改革、営業・商品戦略、
マーケティング戦略、投資計画、事業計画の見直し、
予算実績管理等たくさんの事を同時並行して進める必要があります。

社長一人では実現できませんし、さらに一般的な中小企業で
これらを進めることができる人材は残念ながらおりません。

当社のコンサルタントは、
中小企業の経営改善支援のプロフェッショナルです。

ハンズオンと言いますが、中小企業に入り込み、
その会社の名刺を持ち、その会社の組織を率いて自ら手を動かし、
汗をかき改善を実現した経験があります。

上のほとんどで専門的な知識と経験を有しておりますし、
一部では外部の専門家の協力をえながら実現してきました。

この過程を経ることで会社の価値を上げるだけでなく、
社長との信頼関係を築き、
だれよりも詳細に当社を理解することができます。

社長であれば、一緒に汗をかき会社の価値を上げ、
さらに誰よりも当社を理解するコンサルタントに、
会社売却を任せるべきだと考えます。

3.赤字会社の再生プロであること

現在のM&A市場は成約件数、金額ともに過去最高を更新し続けており、
さらに圧倒的に売り手市場です。

各社のM&Aマッチングサイトを見ると、
売り手1社に対して買い手が10社から20社程度もあります。

しかしながら買い手が欲しいのは黒字会社にほぼ限定されます。

残念ですが、赤字会社は交渉のテーブルに乗ることができません。

もちろん、廉価で売却するか、
黒字事業だけを売却することは可能ですが、
おそらく満足のいく価格はつかないでしょう。

よって、満足のいく会社売却を実現するためには、
まず赤字会社を再生する必要があります。

中小企業向けのM&Aコンサルタントで、再生実務者は極めて少数です。
中小企業のうち赤字企業は約66%です。

赤字のままでは親族や従業員にバトンタッチするのは困難です。

金融借入を返済するにも赤字では困難ですし、
残るは連帯保証人である社長に追求が行くことになります。
これでは、残念ですが誰も承継してはくれません。

将来、第三者へ売却するにしても、
親族や従業員に承継するにしても黒字化は必至です。

当社は、もともと中小企業に特化した再生支援を専門としていました。

よってM&Aコンサルタントも全員再生支援の専門家でもあります。

現在赤字会社ですが、将来売却の選択肢の一つとしたいとお考えであれば、
再生支援と会社売却をワンストップで行える当社をお選びください。

 

関連記事

  1. 坂本利秋コンサルタントコラム 連休の過ごし方随想
  2. 坂本利秋コンサルタントコラム 『腕時計投資』から、投資を考える
  3. 坂本利秋コンサルタントコラム グルメ坂本レポート『八重洲のおすすめランチ』
  4. 坂本利秋コンサルタントコラム 連帯保証人制度の改革のお知らせ
  5. 坂本利秋コンサルタントコラム 経営者向け 会社売却特別セミナー
  6. 坂本利秋コンサルタントコラム 喜望大地東京本部の魅力
  7. 坂本利秋コンサルタントコラム 会社の健康診断のお話
  8. 坂本利秋コンサルタントコラム オリンピックを楽しみましょう!
PAGE TOP