坂本利秋コンサルタントコラム

マフォロバサービス活用策

会社売却支援の中で、地方の有力な買手企業へのアプローチが
困難であると実感しています。

一定規模以上の会社売却では容易ですが、中小、特に小規模事業者では
大都市近郊の企業を買手候補とすることがほとんどです。

理由は、小規模事業者のM&Aでは手数料額が低いために、
買収支援会社も遠方まで出向いてしまっては採算が合わないためです。

業者さんの都合もわかりますが、
ここで割を食うのは売却を希望する中小企業や、小規模事業者です。

間違くなく、売却の機会損失ですよね。

なにか解決策は無いかと思っていたら、ありました。

エン・ジャパンが運営するマフォロバというサービスです。

使ってみましたが、おすすめです。

売却を検討する中小企業側のメリットは、
売り手主導のM&Aマッチングサイトであること、
地方の買手へのアプローチが容易なことです。

買収希望企業が自社の情報と、
求める企業の条件をあらかじめサイトに登録します。

その情報を売却支援会社が、地域、規模、重視するポイントを
選んで検索するのですが、
いくつかの条件で検索しましたが、ヒット数0はありませんでしたので、
既にそこそこの企業が登録していることが分かります。

尚、売却希望会社による直接の登録は出来ないようで、
当社のような売却支援会社が代わりに登録することで、
売却会社の負担を軽減しているようです。

ヒットした企業の詳細情報を見た上で、興味あれば、
メッセージを送ってやり取りがスタートするという流れです。

これまでにも類似のサイトはありましたが、
2chのように荒れているサイト、
中小企業とうたいつつ大企業向けのものばかりで、
使用を躊躇していましたが、マフォロバは大丈夫そうですね。

エン・ジャパンが運営しているという安心感の他、
おそらく人材紹介サイトを転用していると思われ、
操作性が洗練されてます。

たくさんの求人希望会社がサイトに登録し、
転職希望者が検索して興味あればアプローチをするのと
たくさんの買収希望会社がサイトに登録し、
売却希望者が検索して興味あればアプローチは一緒。

情報開示の範囲も、
やり取りの履歴を残すのも同じようなものです。

求人広告主は景気の良い会社でしょうから、
当然買収ニーズもあります。

この顧客基盤をいかしつつ、さらにシステムも流用できるのですから、
お手本のような新規事業です。

派手なプレスリリースもされていないようで、
最近までこのサービスを知りませんでした。

売却に興味ある比較的小規模な会社さんで、
売却先エリアは問わず、
より高い価格を狙いたいという方には有効なサービスです。

先の通り、当社は既に登録して使用しておりますので、
ご興味あればご一報ください。

当社は相談料も無料、売却委任契約を締結しても
売却までの手数料は無料ですので、
企業様にリスクはありません。

ご連絡お待ちしております。

 

関連記事

  1. 坂本利秋コンサルタントコラム 3月の売上が続くとして、あと何ヶ月耐えられますか?
  2. 坂本利秋コンサルタントコラム 事業承継のヒント
  3. 坂本利秋コンサルタントコラム 分かりやすいM&Aを漫画で解説 vol.1
  4. 坂本利秋コンサルタントコラム 会社を売りたくなったら読む本
  5. 坂本利秋コンサルタントコラム 掛け算と足し算で粗利アップ↑
  6. 坂本利秋コンサルタントコラム 給料は自分で決める!で成功している企業
  7. 坂本利秋コンサルタントコラム 年度末ならではの住宅ローン金利ダウンの秘策
  8. 坂本利秋コンサルタントコラム 風雲急を呼ぶ『尖閣諸島』
PAGE TOP