洲山コンサルタントコラム

底なしの借金地獄から脱出せよ!! 多重債務の整理ノウハウ開陳

何らかの事情で、クレジットカードのキャッシング枠・ローン枠を使い切り
比較的金利の安い、銀行系の消費者金融を使い切り
消費者金融を3社以上借りまくっている方々は、
多重債務者と呼ばれます。

それは、返済のために借入をしなくては資金が回らず
金利ばかり負担がかかり、元金はさっぱり減らない?

毎月毎月資金繰りに追われ、生活が一向に楽になれない
「働けど働けどわが暮らし楽にならざり じっと手を見る」の世界です!

誰のために生きているのか?
何のために生きているのか?

日本が貧しい時代に、家計の消費支出に占める
飲食費の割合(生活水準を計る一つの目安になっています)
を分析するのに 「エンゲル係数」 がありましたが
元利金の支払の割合にて、 「多重債務係数」 が考えられますね。

世に言われる 「自転車操業」 で、借りなければ 即 家計は 破綻
永遠に支払の自転車を漕ぎ続けられる分けも無し、
たどり着く先は 自己破産 の危機 です

では、解決策はあるのか?

それがあるのでぇ~す!!!

孫子の兵法に曰く 「敵を知り己を知れば 100戦 危うからず」
消費者金融は、実は 法律違反をしています

「利息制限法」 と 「出資法」
の二つの法律が有りますが
原則は「利息制限法」ですから、
元金が10万円未満なら       年利20%まで
元金が10万円以上100万円未満なら 年利18%まで
元金が100万円以上なら      年利15%まで
なのです。

借りる側の任意での金利の支払い の理屈で 29.2% の出資法上限金利です?
したがって、公共の電波で 天下の一部上場企業が 法律違反のTV宣伝を??

何よりの結論は、話し合いで解決できない最後の決着の場である 裁判所 では
債権者の消費者金融が最後の手段として 提訴した場合は
29.2%の金利で契約していたはずなのに、訴状を見ると……?

何と 利息制限法に金利を引き直して
元利金を請求してくるでは あ~りませんか??

巷間言われる 警告に
「元利金で倍になるのに 住宅ローン=50年 サラ金=2年半」
と言われます!

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム 借金30億からの大逆転!事業再生7つの法則セミナー!
  2. 洲山コンサルタントコラム 遅延損害金をどう考えるか?誠意と熱意により道は拓ける
  3. 洲山コンサルタントコラム 相続まるごと解決センター 成年後見人制度に潜む膨大な経費負担を憂…
  4. 洲山コンサルタントコラム リスクマネージメントノウハウその12 保証契約時に破綻状態であれ…
  5. 洲山コンサルタントコラム リスクマネージメントノウハウその6 住宅ローンリスケ作戦成功ノウ…
  6. 洲山コンサルタントコラム マクドナルド復活
  7. 洲山コンサルタントコラム 相続まるごと解決センター 『遺産分割協議書』による相続財産の問題…
  8. 洲山コンサルタントコラム 春のチームNO.1祭り! in大阪
PAGE TOP