洲山コンサルタントコラム

リスクマネージメントノウハウその8 無手勝流では自爆しちゃうよ

その昔、トヨタのカンバン方式の本を980円で購入し、
読んだだけで分かったつもりになって、
無手勝流で行動して見事に失敗した社長がいました。

リスケジュールの話を聞いて、それが出来れば嬉し~いなと、
無手勝流で事前準備を何もせずに、飲食業の親父さんが銀行窓口に行き

「毎月の返済100万円を半分にして欲しい、
 資金繰りが苦しいから頼みますわ!」

と掛け合いましたが、適当にあしらわれて自爆しました!

リスケジュール(略称リスケ)は、銀行にとって危険信号発令ですから
十分な事前準備が必要です。

通称「リスケ」は、正式名称「リスケジュール」でして、
当初計画どおりの返済が困難になった企業が借入銀行に
借入返済条件の緩和(減額)を依頼することです。

この借入返済の緩和依頼は、銀行における格付けの悪化を招きますから
メリットデメリットがあります。

【メリットその1】
返済条件が緩和されますから、資金繰りが楽になります!

毎月100万円の元金1年間棚上げで(100万円助かる)(嬉しい!)
金利のみ支払うとか? 年間1,200万円の資金余裕だヤッホー!!

すなわち、返済を減額することは、
新規融資を受けることと同じ効果があります!

【メリットその2】
銀行に応諾いただいて、正式契約をすれば
その間は資金回収されずに(嬉しい!)経営改善に集中できます。

リスケは通常半年か1年での見直しが多く、
延長しても2年ぐらいが目安ですから
その間は、経営者は従業員の協力を得て
「背水の陣」で再生に集中できる環境が整う。

しかし、物事は良いことばかりではあ~りませんから(涙!)

【デメリットその1】
もしリスケを銀行が応諾しなければ、今後の取引は資金回収されるばかりか
「預金ロック」のリスクも発生します!

【デメリットその2】
リスケ応諾は、嬉しいもののその後は、一切の新規融資は NG です(涙!)

したがって、借入できないことを前提に
資金繰りを組むことが必須の条件です!

【デメリットその3】
リスケ応諾の条件に、追加担保とか? 追加連帯保証人とか?
の要求が出る可能性が(怒!)

リスケを銀行が応諾する絶対条件は、「経営改善計画」の提出です。

基本心構えは、

「今は苦しいが、原因も分かり対策を打つので、
 リスケに応諾いただければ必ず再生できる!!!」

を社長が信念を持って、自信を持って熱く語ることが最重要です!!!

*具体的計画作りで分からなければ、いつでも洲山にお気軽にご相談下さい!

銀行は企業にとって、経営が順調な折は良き支援者ですが、
もし、ひとたび業績不振になれば債権者と債務者の関係になります!

すなわち資金回収を狙う敵となります!

したがって、リスケ申し込みは、
イエローカードが出るか、場合によってはレッドカードが出て、
企業にとって存続のピンチの最重要意思決定ですから、
十分な勉強が必要ですし、その道のプロの面談・相談を
何人かにしてから行動しましょう!

全体の資産・負債状況と収益状況によっては、
リスケ以外の道を選択すべきこともありますから!

アントニオ猪木の好む 一休禅師曰く

「この道を行けばどうなるものか危ぶむなかれ

 危ぶめば道はなし

 踏み出せばその一歩が道となり

 その一足が道となる

 迷わず行けよ

 行けばわかるさ」

勇気を持って、一歩を踏み出しましょう!

その第一歩は、プロに相談されることをお勧めします!

洲山もプロに相談したり、本を読んで勉強する中で道が開けてきましたから!

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム 相続まるごと解決センター 『遺産分割協議書』による相続財産の問題…
  2. 洲山コンサルタントコラム 大阪維新の会を率いる橋下徹を斬る
  3. 洲山コンサルタントコラム 事業再生を成功するには、信念を持ってお願いすれば道は拓ける
  4. 洲山コンサルタントコラム 49期連続黒字の滋賀ダイハツの後継者育成に学ぶIV
  5. 洲山コンサルタントコラム 洲山著『事業再生家―会社が蘇った奇跡の物語』
  6. 洲山コンサルタントコラム 2008年を光り輝く喜望の年になることを祈って!
  7. 洲山コンサルタントコラム 肺炎を自分で治療しますか? 生兵法は大怪我の元を考える
  8. 洲山コンサルタントコラム 三浦雄一郎のチャレンジ魂に学ぶ
お問い合わせ

PAGE TOP