洲山コンサルタントコラム

リスクマネージメントノウハウその11 公正証書契約のリスクをマスターする!

洲山のクライアントから、緊急のTELがありました。

   公証人役場から特別送達が届きました!
  「債務承認履行契約公正証書」 となっており、

   第5条に甲及び連帯保証人は、
   本契約に基づく一定額の金銭債務を履行しないときは
   直ちに強制執行に服する旨陳述した。

  とあります!

との内容でしたので、その意味するところをレクチャーしました。

これは、強制執行認諾文言と言われており、
強烈な武器を債権者が持っていることです。

それは、裁判を起こして勝訴判決を取らなくても

強制執行=差押(さしおさえ)が出来ちゃう 恐怖の武器ですね

差押とは、

サラリーマンなら預金・給与差押
商売人なら預金・売掛金等の差押

スンゴイプレッシャーがかけられちゃいますネン!!!

今回の相手は、三○電△クレジット であり、単なるリース契約であり
契約日には、公正証書契約にするとかの説明は無かった???

また、委任状に押印した覚えも無い???

との由でありましたので、?????

三○電△クレジット 確認しましたところ
契約書の一式に入っており、当時の担当者が説明をしたはずだとか???

当方は、

悪質な商工ローン会社のような事をされるのですか?
一流企業としてのコンプライアンスが問われるのでは???

との抗議を行いましたが、覆すのは困難が予想されます(怒!)

かかる巧妙な手口に騙されないように良い子の皆様は、
十分注意しましょう!!!

実印が必要な契約で、印鑑証明を提出するのは  厳重注意! 厳重注意!!

物を現金で買ったり、お金を貸すのに印鑑証明は必要ありませんから
借金したり、リースで借りたりするときのみ印鑑証明が必要ですからね!

普通のリース会社は、強制執行認諾付の公正証書契約を要求しませんから
かかる債権者にとって都合の良い契約を要求されるリース会社との契約は、

よ~く考えよお~????

事業経営は何が起こるかわかりません!

大地震? 大雪による被害? 台風による被害? 列車事故?

どんな大事故が発生して 2ヶ月間の売上げが無くなるか
だあ~れも分からないのです!

2ヶ月の売上が無くなって、リース料が延滞すれば
すぐ差押のリスクがある契約を、それでもなさいますか???

リスクマネージメントとは、
そんなときでもつぶれない会社経営を考えることです。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム リスクマネージメントノウハウその3 借入条件変更(リスケ)ノウハ…
  2. 洲山コンサルタントコラム 出口戦略は、出来てまっか?を考える
  3. 洲山コンサルタントコラム 借金500万円の返済が一日で0円になった物語
  4. 洲山コンサルタントコラム リスクマネージメントノウハウその14 逆境のときでも、幸せ成功力…
  5. 洲山コンサルタントコラム 創刊記念
  6. 洲山コンサルタントコラム 富めるときも、貧しきときも、これを愛しーーー!
  7. 洲山コンサルタントコラム 事業再生成功事例:会社分割で危機からの脱出に学ぶ
  8. 洲山コンサルタントコラム 鬼塚喜八郎 失敗の履歴書に学ぶ!
お問い合わせ

PAGE TOP