洲山コンサルタントコラム

リスクマネージメントノウハウその11 公正証書契約のリスクをマスターする!

洲山のクライアントから、緊急のTELがありました。

   公証人役場から特別送達が届きました!
  「債務承認履行契約公正証書」 となっており、

   第5条に甲及び連帯保証人は、
   本契約に基づく一定額の金銭債務を履行しないときは
   直ちに強制執行に服する旨陳述した。

  とあります!

との内容でしたので、その意味するところをレクチャーしました。

これは、強制執行認諾文言と言われており、
強烈な武器を債権者が持っていることです。

それは、裁判を起こして勝訴判決を取らなくても

強制執行=差押(さしおさえ)が出来ちゃう 恐怖の武器ですね

差押とは、

サラリーマンなら預金・給与差押
商売人なら預金・売掛金等の差押

スンゴイプレッシャーがかけられちゃいますネン!!!

今回の相手は、三○電△クレジット であり、単なるリース契約であり
契約日には、公正証書契約にするとかの説明は無かった???

また、委任状に押印した覚えも無い???

との由でありましたので、?????

三○電△クレジット 確認しましたところ
契約書の一式に入っており、当時の担当者が説明をしたはずだとか???

当方は、

悪質な商工ローン会社のような事をされるのですか?
一流企業としてのコンプライアンスが問われるのでは???

との抗議を行いましたが、覆すのは困難が予想されます(怒!)

かかる巧妙な手口に騙されないように良い子の皆様は、
十分注意しましょう!!!

実印が必要な契約で、印鑑証明を提出するのは  厳重注意! 厳重注意!!

物を現金で買ったり、お金を貸すのに印鑑証明は必要ありませんから
借金したり、リースで借りたりするときのみ印鑑証明が必要ですからね!

普通のリース会社は、強制執行認諾付の公正証書契約を要求しませんから
かかる債権者にとって都合の良い契約を要求されるリース会社との契約は、

よ~く考えよお~????

事業経営は何が起こるかわかりません!

大地震? 大雪による被害? 台風による被害? 列車事故?

どんな大事故が発生して 2ヶ月間の売上げが無くなるか
だあ~れも分からないのです!

2ヶ月の売上が無くなって、リース料が延滞すれば
すぐ差押のリスクがある契約を、それでもなさいますか???

リスクマネージメントとは、
そんなときでもつぶれない会社経営を考えることです。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム 1通のメールで事業再生成功した事例!に学ぶ
  2. 洲山コンサルタントコラム 資金調達と経営改善セミナー
  3. 洲山コンサルタントコラム 事業再生のスタート地点はどこからか?
  4. 洲山コンサルタントコラム マクドナルド復活
  5. 洲山コンサルタントコラム 借金30億からの逆転!~事業再生7つの鉄則~ 東京セミナー
  6. 洲山コンサルタントコラム 年末のご挨拶
  7. 洲山コンサルタントコラム 失敗の最大の原因は、優柔不断と先延ばしであるーーー!に学ぶ
  8. 洲山コンサルタントコラム 札幌の建設業の再生ストーリー MBOと事業承継
お問い合わせ

PAGE TOP