洲山コンサルタントコラム

リスクマネージメントノウハウその16 M&A活用による生き残り作戦開陳

中小零細企業の事業再生の選択肢としてM&A活用作戦があります!

「M&A」の意味

「M&A」は、Mergers(合併) and Acquisitions(買収)の略です。

日本語に訳しますと、「企業の合併・買収」という意味になりますが、
通常は企業全体の合併・売却だけでなく、
一部営業譲渡や資本提携なども含めた広い意味での
「企業提携」のことを総称しています。

M&Aとは、ライブドアで少しネガティブなイメージが出ていますが、
売り側にも、買う側にも、そこで働く社員にも、お得意先様にも
仕入先にも、融資銀行はじめ全ての利害関係者(ステークホルダー)にとって
大変メリットの多い仕組みです。

全国に615万社ある会社の社長の平均年齢60歳で、
後継者不在が40%にも達するとの予想もあり(心配!)

後継者難で廃業が相次ぐとこれは、国家の損失となりますし、
社員が路頭に迷い大不況になります(恐!)

そこで、頑張った社長で後継者に恵まれない場合の、
一番良いハッピーリタイアメント(幸せな引退)は?

M&Aで、経営力のある会社に会社を引き受けて貰い、
体力・気力が続くなら顧問としてお手伝いし、きっぱり引退するなら、
「晴耕雨読」の生活なり、ご夫婦で豪華客船で世界一周の旅に出るとか
ボランティアで地域社会に貢献するとか

いろんな選択肢がありますです!

洲山が関わったM&Aの成功例は、

ある小売業で過去に成功実績がある社長が新業態をトライアルで開発し
トライアル店舗の一号店が大成功したことから二号店・三号店と出店し
FCパックを作り、全国展開を目指して
都心の一流ビルに本部を設置されましたが

その後失速して、毎月2百万円の資金ショートから刀折れ矢尽きて、
会社存続のピンチに(涙!)

そこで、顧問弁護士に相談すると、
「破産してリセットしましょう!」の一言でがっくりきて
会計顧問に相談したところ、
喜望大地経営研究会の洲山をご紹介いただき来社されました。

すっかり凹(へこん)で、生気の無いやつれ果てた状態でした!

でも、洲山ならどんな状態でも道はあると力づけて、
元気とパワーを惜しみなく降り注ぎました

まずは、現状認識と資金繰りを持たす為に洲山ノウハウで、
当面の資金確保成功して短期決戦の二ヶ月間に勝負を賭けました。

まずは、三店舗の現地調査を一新規客の立場で視察しましたら、
ナカナカ良い店であり

次に財務データをデユーデリ(精査)したところ、
三店舗全て利益がしっかり出ていました?

なぜ、全体で儲からずに資金ショートかと分析すると、
全国展開を狙っての本部が高コスト体質であり
店舗の利益を食いつぶしても足りずに、
結果として会社が赤字で資金が足りない状態でした!

そこで、「儲かる店ならM&Aで売却しましょう!」と提案し、
資金力があり伸び盛りの会社にターゲットを絞り
トップにプレゼンしましたところ、とんとん拍子で話が進み、
スパイ大作戦の如くに期限に間に合いました(嬉!)

*スパイ大作戦=昔大人気のTVドラマで「おはようフィリプス君」で始まる
 不可能な指令を期限内に実行する物語
(最近の映画ではミッションインポッシブルのタイトルで
 トムクルーズ主演で人気を博している)

その結果、当初の1億円近い負債を抱えて破産の危機が、
ほぼ全ての支払いが出来ました(安心!)

店舗も単なる撤退なら、中途解約の違約金(ペナルティ)や、
原状回復工事の負担がとんでもない損失となり
「泣きっ面に蜂」状況になるところでしたが、
店舗を継承いただくことは資源を大事にする地球環境からも
大変意義がありました。

M&Aに関しての、ご相談もお気軽にメールなりお電話下さい。

全国規模でのネットワークがありますし、
秘密厳守で相談できますから今すぐでなくても近い将来の
事業戦略として考えるだけのメリットは大です!!!

 

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム 借金30億からの大逆転!事業再生7つの法則セミナー!
  2. 洲山コンサルタントコラム 資金ショートを乗り越える心構えのいろは
  3. 洲山コンサルタントコラム 底なしの借金地獄から脱出せよ!! 多重債務の整理ノウハウ開陳
  4. 洲山コンサルタントコラム 49期連続黒字の滋賀ダイハツの後継者育成に学ぶIV
  5. 洲山コンサルタントコラム 底なしの借金地獄から脱出せよ!! 特定調停ノウハウ開陳
  6. 洲山コンサルタントコラム 幻冬舎刊『あなたの会社をお救いします-事業再生総合病院』予告編
  7. 洲山コンサルタントコラム 打つ手は無限に学ぶ!
  8. 洲山コンサルタントコラム 一年の計は、元旦にあり!
PAGE TOP