洲山コンサルタントコラム

リスクマネージメントノウハウその17 会社が傾いても、自宅を守る作戦開陳

中小零細企業の社長は、銀行借り入れに際して、個人で連帯保証人になり
同時に自宅を銀行に担保提供している場合がほとんどです。

会社が傾くと全財産を会社につぎ込んでいるわけですから
家族の預金も全てつぎ込み、生活費にも事欠く悲惨な状態になります。

自分の役員報酬は後回しにして、
社員の給与を優先させて支払いながらも感謝されず

ボーナスが無い!  とか  給与が低いと文句を言われて(涙!)

とうとう会社破綻になれば、社員ならば雇用保険と言うセーフテイネットで
半年から1年間の失業保険が60%と言えども保証されてますが、
役員報酬にはあ~りません(涙!)

そして、担保提供している自宅も
担保提供している銀行の借入返済が出来なければどうなるか?

当然いつまでも支払をせず住み続けることは出来ません!

任意に売却(任売)して弁済するか?

抵当権者が差押て、競売に移行するか?

いずれにしても、出て行かざるを得ません(涙!)

では、愛着ある家
――いろんな思い出がいっぱい詰まった自宅を守る方法は無いのか?



実はあ~りますですハイ!!!

それは、他の債務の支払いは出来なくても、
自宅の担保提供している銀行のみ話し合いで

合意できた金額を弁済し続けたら、自宅は守れます!!!

但し、自宅の相場と抵当権の設定金額がバランス良く
抵当権が大きいのがグッドです。

専門用語で無剰余(むじょうよ)と言って、抵当権が大きくて、
資産価値が無いことです。

したがって、他の債権者が手出しできない状態なのですね!

更に、もう一つの方法は、形式的には手放して、
実質的にはそのまま出て行かずに住み続けるノウハウあり!

身内か友人に協力者がいることが条件ですが、現金所有か?
時価でのローンが組める方の支援があれば

その協力者に買って頂き、その方と賃貸契約を結び
家賃をお支払いできればグッドです!!!

表札も変わらず、近所の方にも知られずに
堂々と住み続けられる訳ですから最高ですね!!

しかも、場合によっては
こんなメリットもありますから摩訶不思議ですねぇぇぇぇぇ

それは、ローンを組んで買ったときは5,000万円してた家が、
時価が下がってしまって(涙!)

な~んと3,000万円になってしまって、ローン残高が4,000万円の場合は

いまから3,000万円の物件を4,000万円で買う馬鹿はいませんから、
3,000万円で買える訳です。

その3,000万円に対しての家賃負担で良いからラッキーであり、
その上に近い将来買い戻す場合も3,000万円に対しての買戻しです。

な~んと 1,000万円得をしちゃうお話なんですぅぅぅぅぅ

勿論実際は、いろんな債務全体を見据えた債務整理作戦が必要ですし、
抵当権抹消交渉等重要な交渉がありますから、
十分な事前準備と用意周到な作戦が必要です。

このメルマガ見て、すぐに解決できると早とちりせずに
プロと相談してから行動してくださいね!!

洲山は社長の自宅確保作戦を応援します!!!

 

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム 事業再生の実現に必要な資質は、素直な心で学び、決断と実行!
  2. 洲山コンサルタントコラム 三浦紀夫著「倒産社長、復活列伝」に学ぶ
  3. 洲山コンサルタントコラム ヤミ金対策
  4. 洲山コンサルタントコラム IPOと事業再生は紙一重?
  5. 洲山コンサルタントコラム ビジネスモデルを再点検しましょう!
  6. 洲山コンサルタントコラム 資金ショートを乗り越える心構えのいろは
  7. 洲山コンサルタントコラム 『春日大社での初詣と海賊と呼ばれた男』を熱く語ります
  8. 洲山コンサルタントコラム 銀行にカネは返すな!出版記念・大阪講演会
PAGE TOP