洲山コンサルタントコラム

借金30億からの逆転!~事業再生7つの鉄則~ 東京セミナー

本年4月14日に、
大阪市産創館にて開催し、好評を得ましたセミナーを東京で開催します。

■セミナーのねらい

事業経営のあるべき姿は、「ゴーイングコンサーン」であり、
社長は変われども永遠に繁栄し地域に根ざして、
社会に貢献しながら会社が存続発展することです。

事業経営にリスクはつきものですし、ピンチは発生します。

また、ややもすれば調子の良い後に
ピンチは発生しており過去の成功体験が仇になること多しです。

年商1億円の家業を年商41億円に伸ばしながら挫折して、
借金30億円を抱えて倒産・破産のピンチを迎えるも
倒産・破産せずに乗り越えた
ターンアラウンド・エキスパート(事業再生家)の洲山が、
借金を乗り越える秘術を開陳します!

借金30億円とは、毎年1,000万返済して、
300年かかるほどの巨額債務です。

資金繰りが苦しくなれば精神的余裕がなくなり、
暗い顔をしている社長へのアドバイス。

社長たるもの、いついかなる時にも「明るく!元気に!前向きに!」と考え、
難局を乗り切りましょう!

■本セミナーはこんな社長におすすめ!

 ●資金繰りの事で頭が一杯で眠れない社長
 ●約束手形が落とせるか心配な社長
 ●銀行からの借入を断られた社長
 ●家族の預金を会社につぎ込んでいる社長
 ●知人・友人・親戚に借りている社長
 ●知人・友人・親戚に連帯保証人になってもらっている社長
 ●個人カードのキャッシング・ローンをつぎ込んでいる社長
 ●サラ金から借りてつぎ込んでいる社長
 ●商工ローンからの借入がある社長
 ●手形の不渡り事故を起こした社長
 ●街金・システム金融から借りている社長
 ●銀行からサービサーに債権が譲渡された社長

手形不渡り事故を半年以内に2回発生し、
銀行取引停止処分=事実上の倒産であっても
洲山なら事業再生・復活は可能です。

さらに、現在、成長途上のベンチャー企業で、

 ●数十億円規模の会社を経営する落とし穴を知っておきたい社長
 ●資金面でのあらゆるリスクを予防したい社長
 ●VCから資金調達して、IPOを志すベンチャー企業の社長

このような方にも、リスク管理の観点で、きっと参考になると思います。

■セミナー予定内容

 1.資金ショート時のプライオリティー(優先順位)の考え方
 2.約束手形不渡り危機をどう乗り越えるか?
 3.銀行から融資を断られたときの乗り越える作戦
 4.連帯保証人対策
 5.自宅を死守して、事業再生する作戦
 6.社長のピンチを乗り越える心構え
 7.事業再生7つの鉄則

などなど、この知識があればいかなる事業再生方針を立案し、
実行すれば良いのかが分かります。

■対象者:経営者、中小企業~中堅企業のオーナーならびに経営幹部

■講 師:洲山(しゅうざん)/喜望大地経営研究会 会長

■開催日:2006年7月21日(金)14:00~16:30

■会 場:T’s BUSINESS TOWER (渋谷駅/宮益坂口徒歩2分)

■参加費:5,000円/先着26名様

 ●17時より希望者と交流会を開催します。参加費5,000円

 

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム 競売→強制執行スケジュール
  2. 洲山コンサルタントコラム 事業再生成功事例:売掛債権譲渡担保融資にて、不渡り危機回避に学ぶ…
  3. 洲山コンサルタントコラム いかなる窮境企業でも、道は開ける
  4. 洲山コンサルタントコラム 事業再生史上の英雄『山田方谷』先生に学ぶ
  5. 洲山コンサルタントコラム 借金500万円の返済が一日で0円になった物語
  6. 洲山コンサルタントコラム 自分の信用情報ゲット方法とブラック情報
  7. 洲山コンサルタントコラム ブライアン・トレーシー流危機脱出法に学ぶ!
  8. 洲山コンサルタントコラム 事業再生を成功するには、危機を乗り越える正しい判断により道は拓け…
PAGE TOP