洲山コンサルタントコラム

送金手数料を節約するノウハウ開陳!

事業経営では、いかに利益を上げるか?  が、永遠のテーマです。

利益を目標にせずに見せ掛けの売上を目標にする限り、永遠に儲かりません。

1兆円の売上を誇った、「そごう」も「マイカル」も破綻しましたし、
グループ5兆円と言われたダイエーも破綻寸前まで行きました。

経営者たる者、「大きくて弱い企業」ではなくて、
「小さくても強い企業」を目指すべきです。

さて、利益を目標とするならば、確実なのは、経費削減です。
一番難しいのは、売上を上げて、粗利率をUPすることです。

何故ならば、相手があることだからです。

利益を生むのは、小さなことの積み重ねが重要です。

皆様は、送金をいかにされていますか?

個人で送金するならば、

いち押しは、「新生銀行」のPOWER FREX
回数制限あるものの、無料です(驚!)

次にお勧めは、「りそな銀行」TIMOであり、
回数制限無く、一回100円であります(嬉!)

法人は、ネット専門銀行の、E-BANK(3万以上で250円)が、お勧めです。

外資系の東京スター銀行は、一回あたり300円

近畿圏ならば、MKタクシーの青木会長がオーナーの
「近畿産業信用組合」も、300円です。

事業における仕入れ代金や協力会社への振り込み時は、
件数が多いですから、安い振込手数料はその分収益UPになります。

毎月100件の振込みがある会社ならば、

(例1)
840円-250円=590円×100=59,000円の利益増×12か月=708,000円
すなわち、ナ、ナント新車1台買えるぐらい経費削減が出来ます!

(例2)
840円-300円=540円×100=54,000円の利益増×12か月=648,000円
ナ、ナント中古車2台買えるぐらい経費削減が出来ます!

いかがですか?

いずれにしても、
インターネットを活用したネット銀行が圧倒的にコスト優位です。

いまだに、総合振込用紙に手書き記入して、
銀行窓口に並ぶような段取りの悪い事をしていては、生き残れません。

ミサイル・ジェット機で闘う時代に、
竹やりで玉砕戦を戦うようなものでして、
「必勝鉢巻」と「大和魂」だけでは、闘いに勝利することは徒労の世界です。

また、インターネット時代の最大のメリットは、
規模の大小関係なく、コストがかからない事です。

パソコンとインターネット環境さえあれば、同じ土俵で相撲が取れます。

 

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム 事業再生家の活動は、資金ショート問題を解決する
  2. 洲山コンサルタントコラム 競売から任売に変わった七方良し(七光り?)の物語
  3. 洲山コンサルタントコラム 底なしの借金地獄から脱出せよ!! 任意整理ノウハウ開陳
  4. 洲山コンサルタントコラム 破産するのは、ちょっと待った!社長があきらめない限り、会社は再生…
  5. 洲山コンサルタントコラム 金融円滑化法終了対策=『実力利益』をUP
  6. 洲山コンサルタントコラム 資金ショートを乗り越える心構えのいろは
  7. 洲山コンサルタントコラム リスクマネージメントノウハウその14 逆境のときでも、幸せ成功力…
  8. 洲山コンサルタントコラム 資金ショートを乗り越える秘術ノウハウ
PAGE TOP