洲山コンサルタントコラム

手形不渡り危機回避作戦 無事年を超えるノウハウ!

12月末の手形決済目途が立たない企業の再生を2社お手伝いしていました。

1社は、東海地方の流通業で、
メイン仕入先への手形をジャンプいただければ、クリアできる状態でした。
しかしながら、すでに割引しており、資金余裕はないとの回答でした。
そこで、メインバンクの地元地銀に支援依頼するも困難との回答で、
暗礁に乗り上げました。

年末手形をジャンプしていただければ、
年明けからの資金は回るとの資金繰り計画を元に、
再度クライアント企業の会長が、
メイン仕入先の重役に頼みに行き、ほぼ目途が立ちました。

もう1社は、甲信越地方の製造業で、大企業の下請け会社です。
12月2日に東京オフィスに相談にお見えになり、
給与遅配、仕入先の支払い遅滞で、年末の手形決済資金は全く目途立たず。
の、実質破たん状態でした。
されど、100年を超える業歴があり、
人の良い齢80を超える会長の事業継続の想いに応えたいと思いました。
しかし、継続の可能性は殆どない状態なので、
現地調査をして、最終判断したいとの事で、お引受けしました。

弊社スタッフが、現地調査をして、
「仕入先・協力業者の全面的な支援があれば、可能性がある!」
との報告でした。
すなわち、手形全部棚上げして貰い、大口は5年分割払い、
小口は3カ月据え置き後の1年分割払い、にて試算しました。
銀行への元利金一時停止を含めて、事業再生計画を立案しました。

そして、12月21日仕入先・協力会社に県営の会議室にお集まりいただき、
会長と社長のお詫びと再生に賭ける熱き想いを語っていただき、
補足説明を洲山と弊社スタッフがさせて頂きました。
詳細の現状報告と資金繰り破綻寸前の財務内容ながらも、
皆様のご支援が得られれば、再生可能であり且つ
債権カットを伴わない再生方針をアピールしました。

その後、バンクミーティングを時間差で開催し、
仕入先への支援依頼内容と銀行各行様への依頼内容を会長・社長が申し入れ、
洲山と弊社スタッフが補足の説明を申し上げました。

大変困難な、極めて絶望的な状態から、
再生に向けての第一歩を踏み出しました。

銀行は、不渡り事故が出ない事を条件に支援体制の流れが出来、
仕入先・協力業者様も次々に手形ジャンプ及び
棚上げの支援表明を頂きました。

「世の中捨てたものじゃない!」
「捨てる神あれば、拾う神あり!」  は、実現しました。

本報告にて、気持ちよく新年を迎える事が出来ます。
今から、溜まりに溜まった書類の整理に入り、出来るならば、
12月31日午後から帰省したいと考えている洲山です。

1年間お世話になりました。

来年は、分かりやすい会社案内のマンガバージョン
「企業の七転び八起きをサポートする  スマイルダルマ洲山」
を御披露する予定です。

来年も宜しゅうに!

末筆ながら、読者の皆さまも、
光り輝く良い新年をお迎えされますよう御祈念申し上げます!!!

洲山拝

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム 起死回生の逆転を成功させる経営戦略の学び方
  2. 洲山コンサルタントコラム リスクマネージメントノウハウその2 定期預金の解約ノウハウ開陳
  3. 洲山コンサルタントコラム 事業再生成功事例:売掛債権譲渡担保融資にて、不渡り危機回避に学ぶ…
  4. 洲山コンサルタントコラム リッツカールトンのクレドに学ぶ!
  5. 洲山コンサルタントコラム 光り輝く新年を迎えて、石の上にも3年の決意表明!
  6. 洲山コンサルタントコラム 決断と実行で、手形不渡危機を乗り越える!
  7. 洲山コンサルタントコラム 逆行を乗り越える意識改革を稲盛和夫 京セラ名誉会長に学ぶ!
  8. 洲山コンサルタントコラム 洲山流事業再生三原則発表!
PAGE TOP