洲山コンサルタントコラム

大阪維新の会を率いる橋下徹を斬る

「橋下徹」とかけて、「織田信長」と解く、
その心は、ビジョナリーリーダーとして、「破壊と創造の変革者」
織田信長は、中世から、近世の扉をこじ開けた英雄です。

橋下徹も、閉塞感漂う、現代から新しい時代の扉をこじ開けようとして、
猛スピードで突っ走っているように見えます。

橋下語録を列挙すれば、

「大阪を世界に伍するベスト10の都市に入る。
 それには、大阪府と大阪市を合体してワン大阪で戦う必要がある。」

「司令官は一人で、独裁と言われるぐらいのリーダーシップが必要。」

大阪府知事での訓示は、強烈であり、
大阪府職員に対して「皆さんは、破産会社の従業員である。」

その後の改革のスピードと一番困難な職員カットもすぐに実施しました。

破産会社ならば、社長(知事)幹部も社員も賃金カットは、当たり前であり、
補助金・助成金も聖域なく徹底的にコストダウンも当たり前です。

既成観念に囚われない自由闊達な考え方に加えて、優れた構想力で、
その実現向けて、周りの人をも巻き込む力の源泉は、何かを考察すると、
使命感とその覚悟にあると思料します。

その根拠は、
経済的なメリットは、昔のタレント時代の年収は、幾らで今の市長は幾らか?

側聞によれば、タレント時代は、年収3億円が、大阪市長は、
少なくとも、橋下徹市長は、約2,500万円の年収を30%カットし、
退職金は、4,680万円を50%カットし、その後70%カットしました。

従って、経済合理性では、やってられません。

既得権益を打破する破壊者には、命の危険がありますが、
総理大臣の警護をするSPは、通常6名ですが、
大阪市長選挙についた橋下徹候補のSPは、何名だったか?

よくブラフ(脅し)に使われる、「月夜の晩ばかりではないぞ!」
「夜道には気をつけろ」などは、殺到すると予測がつきますが、
橋下徹代表には、ご家族があり、お子様は何と7名もいらっしゃいます。

かかる脅迫文書が殺到する中で、信念を持って改革を進めるのは、
尋常の根性では務まりません。

教育問題で物議を醸しながらも動ぜずに突き進む際の橋下語録は、
「資源がなく、領土も狭い日本が世界で戦うには、教育しかない」
は、正に至言ですね。

大阪府知事の実績と大阪市長としてのスタートダッシュを見る限り、
21世紀の織田信長として、活躍を期待しています。

事業再生家として、都市経営や国家経営をするには、
まず第一歩は、正しい現状認識とあるべき理想像を描き、
ギャップを埋める具体的なアクションプランを立て、
PDCA=Plan(計画)・Do(実行)・check(評価)・Act(改善)
を回すことです。

わが日本の現状は、年収423万円とするならば、
借金7,090万円、社会保障費264万円、地方交付税166万円、
新規借入(国債)442万円、元利返済219万円、
再建借入金116万円(25年間償還)
こうみると、完全に破産状態と言わざるを得ません。

この破産状態を復活するには、
総理大臣は、歳費70%カット、国会議員は、50%カット、
国家公務員は、30%カット等で、襟を但し、
不要不急の投資や設備投資は、ストップして、
遊休資産の処分を推進し、
同時並行で、稼げるビジネスの推進にてはじめて
再生は、実現可能性が出てきます。

大阪維新の会が、全国組織に成長して、国家の再生を実現する
可能性を期待したいと願っています。

何を言ったかではなくて、何をしたか?
が、その政治家の評価としなければ、判断を間違います。

参考にすべき先人に、
江戸時代の末期に備中松山藩(今の岡山県・高梁市)の藩政改革をした、
山田方谷(やまだほうこく)の目覚ましい業績を見れば、
ヒントを得られます。

山田方谷は、次回洲山のコラム担当時にレポートを提出したいと
考えていますので、乞うご期待!

現在の貨幣価値で、100億円の負債を完済し、
100億円の預金をわずか7年間で生み出した、英雄です。

 

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム 借金30億からの逆転!~事業再生7つの鉄則~ 東京セミナー
  2. 洲山コンサルタントコラム 会計を学び、経営力を強化しよう!
  3. 洲山コンサルタントコラム 借金30億からの大逆転!事業再生7つの法則セミナー!
  4. 洲山コンサルタントコラム スコアボード見ながら経営しましょう!前期の月次決算は、○勝△敗で…
  5. 洲山コンサルタントコラム 破産するのは、ちょっと待った!社長があきらめない限り、会社は再生…
  6. 洲山コンサルタントコラム 底なしの借金地獄から脱出せよ!! 民事再生ノウハウ開陳
  7. 洲山コンサルタントコラム 幻冬舎刊『あなたの会社をお救いします-事業再生総合病院』予告編
  8. 洲山コンサルタントコラム リスクマネージメントノウハウその3 借入条件変更(リスケ)ノウハ…
PAGE TOP