洲山コンサルタントコラム

札幌の建設業の再生ストーリー MBOと事業承継

札幌に本社がある建設業の2代目予定者であるK常務から、
事業再生の依頼がありました。

札幌では、老舗の建設業で御尊父の社長は、70歳。
脇を固める営業担当専務65歳・経理担当専務65歳

年商20億円・札幌本社ほかの3拠点で、社員100名
K常務は、45歳ながら、シニアの専務に小僧扱いされています。

また、部長・支店長・ベテラン社員には、60歳以上のメンバーが
ぞろぞろいて、相当平均年齢が高い会社でした。

今回の最大の課題は、経理担当専務が独断でえらいことをしてくれました。

な、なんと、銀行に相談なく、勝手に新本社建築契約を締結して、
工事が着工されていて、寝耳に水の銀行すべてが、
あきれて横を向いてしまいました。

それは、「本社を新築すると言う重要なことを相談なくはじめて、
後から資金を貸してくれは、無いだろう。」
と言う、至極まともな反応でした。

すなわち、自己資金があるならば、何等問題ありませんが、
銀行の借入金による調達が必要にも拘らず、
一切相談しなかったというものです。

それも、65歳の超ベテラン専務であり、
社長は、70歳の大物経営者ですから、
銀行がビックらこいたのも、当然ですね。

しかも、50,000千円×3行=150,000千円必要でした。

その当てにしていた、H銀行は、手貸の書換え(ロールオーバー)にも応じない。
危険な状況でした。

書換えに応じないことは、返済期限が期流れであり、
いつでも、「期限の利益(=分割にて支払う権利)喪失」を
通告されても不思議でない、恐ろしい状況です。

あんれまあ!

さあ、如何にして、この冷え切った関係を修復するか?

そこで、悩める社長の救世主:洲山の登場です。

この事態では、経営改善では間に合いませんから、
経営変革しなければなりません。

スタートして、オーナーファミリーの意思統一が不可欠です。

そこで、初回訪問時に、社長宅を訪ねて、洲山方針をプレゼンしました。

1.経営のガバナンス(統治)をジュニアに委譲する。
 ジュニアを常務から副社長に昇格し、指揮命令系統統一

2.遊休資産の売却を推進し、借入金の返済実施

3.60歳以上のシニアの給与見直し、全員100千円に統一
 (それまでは、300千円~600千円)
 但し、退職金を毎月100千円の分割支払い実施
 持株を毎月100千円の分割買い上げ実施
 従って、幹部は都合300千円は支払い継続
 結果:毎月5,000千円×12=年間60,000千円収益改善

4.K支店の支店長にMBO(エムビーオー)を提案する。
 約5千坪の敷地があり、延500坪の建物と社員を引取り、
 独立起業を勧めました。
 MBOとは、マネージメントバイアウトの略であり、
 経営幹部が会社もしくは、事業部を買収する事です。
 支店長が独立する場合は、仕事は慣れていますし、社員とは
 気心が知れていますし、お客様も仕入先も馴染みの方々なので、
 最も抵抗なく、すんなりと受け入れて貰えます。

5.経理担当専務は、責任を取り退任していただき、
 代わりに常務の奥様に入社いただき、担当いただく

上記方針の元、一気に変革を推進し、年末ぎりぎりのクリスマスに、
資金調達が、間に合いました。

一時は、建築工事が終わったのに、引越しをしないのは、何故か?
との、悪い噂が出かけており、冷や冷やモノでした。

その後、翌年春には、札幌市内のホテルで、
「創業記念式典・新本社落成披露・会長社長就任披露」
を開催出来ました。

洲山もミッションインポッシブルの主人公になった積りで、
充実感と達成感を味わえた北の大地での再生物語でした。

 

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム ビリギャルを育成した坪田先生に学ぶ
  2. 洲山コンサルタントコラム 大災害に対する備えは? サアどうする?
  3. 洲山コンサルタントコラム 49期連続黒字の滋賀ダイハツの後継者育成に学ぶ
  4. 洲山コンサルタントコラム 鬼塚喜八郎 失敗の履歴書に学ぶ!
  5. 洲山コンサルタントコラム スコアボード見ながら経営しましょう!前期の月次決算は、○勝△敗で…
  6. 洲山コンサルタントコラム 自分の信用情報ゲット方法とブラック情報
  7. 洲山コンサルタントコラム ビジョナリーカンパニー3 衰退の5段階に学ぶ
  8. 洲山コンサルタントコラム 諦めなければ、事業再生は出来るものです
PAGE TOP