洲山コンサルタントコラム

金融円滑化法終了対策=『実力利益』をUP

リスケ(リスケジュール)にて、厳しい資金繰りを何とか繰り回しながら
年を越えた社長も多いと思います。

リスケジュールとは、スケジュールをやり直す事であり、
銀行取引上は、借入金の返済条件を変更する事です。
その場合、たいがいは資金繰り事情で、当初の約定弁済が出来なくなり、
元金返済を棚上げするか、大幅な減額をお願いする場合がほとんどです。

本号は、洲山が、
「金融円滑化法終了対策=『実力利益』をUP作戦」を熱く語ります。

金融円滑化法(返済猶予法=銀行の元金棚上げ支援)が、
本年3月末にて終了する事より、出口戦略が大きく取り上がられています。

現状は、推定40万社が金融円滑化法によるリスケジュール(リスケ)による
返済猶予支援を得ており、借入金の口数は、300万口・借入額82兆円もの
大きな数字となっています。

以前ならば、相当ハードルの高かった
リスケジュール=リスケ=返済条件変更依頼が、一気にやり易くなりました。
それは、民主党に政権交代した折の亀井大臣が主導して実現した
「金融円滑化法案(別名=返済猶予法)成立」による効果です。

しかしその法律が終了する事より、生かすべき企業と
マーケットから退場を命じられる企業との選別が進むと思われます。

では、何を持って生かすべき企業と言えるかと言いますと、
収益を上げられるかどうか?

が、決め手であり、その数字を洲山は、「実力利益」と名付けました。

実力利益=営業利益 + 減価償却費 です。

営業利益とは、本業で稼いだ儲けであり、
減価償却は、設備投資の償却経費ながらも資金が流出しない経費ですから、
実力利益とは、借入金の返済財源をおおよそ把握できるのと、
その企業の実際に稼ぐ力を表します。

この実力利益が、赤字であり、改善の見込みがない場合は、
一刻も早く、その商売からは勇気ある撤退をすべきと
腹をくくる必要が有ります。

でも、実力利益は、しっかり稼げているのにも拘らず、
資金繰りが苦しい場合は、資金が在庫に化けていないか?
売掛金と言う名の無金利での貸付金に化けていないか?
を調査する必要が有ります。

そではなく、借入金の返済が重すぎる場合は、
それこそ、リスケをすべきであり、
資金ショートが甚だしい場合は、
元利金の一時停止要請等の緊急対応が必要です。

実力利益さえ上がっている企業は、生きる価値のある企業です。

胸を張って、銀行への依頼を堂々としましょう!

もしも、銀行との話の仕方などが心配な社長は、
洲山のセミナーにご参加ください。

毎月大阪と東京にて開催していますので、
心配なことは何でもお答えします。

 

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム こうなったら会社はたたみなさい!に学ぶ
  2. 洲山コンサルタントコラム 問題の先送りはNG!
  3. 洲山コンサルタントコラム 会社再建か? 事業再生か? の考察
  4. 洲山コンサルタントコラム ABC理論のいろは ⇒ 事業再生実現への第一歩スタート
  5. 洲山コンサルタントコラム 『春日大社での初詣と海賊と呼ばれた男』を熱く語ります
  6. 洲山コンサルタントコラム 連帯保証人引受は絶対NG
  7. 洲山コンサルタントコラム 底なしの借金地獄から脱出せよ!! 究極のリセット選択=自己破産開…
  8. 洲山コンサルタントコラム ソフトバンク誕生秘話―― 一冊の本
PAGE TOP