洲山コンサルタントコラム

一番になって儲かる方法を伝授します

本号は、永遠に存続発展する『皇寿経営』の作り方を伝授します。

はじめに、
会社経営とは、固定給なしのフルコミッション方式であり、
経営不振を救う政府も銀行もないのが原則なのです。

経営の学校がなく、各種セミナーや本もほとんどが、
大企業向けであり、中小企業向けの教材がないのが現実です。

そこで、30人~100人規模をターゲットとして、
競争に勝つ竹田ランチェスター経営を学びましょう。

会社経営は、粗利益にて成り立ち、その源泉は、
すべてお客様から頂くキャッシュです。決定権は、お客様100%

マーケットでは、多数のライバルとの戦いが、存在し、
選ばれる理由が明確でないと、戦いに負ける。

そこで、結論は、一番になる事です。

洲山が前職の社長時代に、竹田ランチェスター経営をしっかり
学んでいれば、無謀な拡大策を取らずに一番になれる戦場でしか
戦わず、負けそうであれば、傷が浅いうちに撤収していたので、
会社を破たんしなくても良かったと後悔しています。

後悔先に立たずなので、挫折体験者としてのアドバイスは、
中小企業の社長は、全員竹田ランチェスター経営を学ぶべきです。

では、具体的な中身は、

経営を構成する8大要因をいかにフォーカスするか?

1.商品・サービス  (何を)
2.営業地域対策  (どこで)
3.業界と客層対策 (誰に)
4.営業対策    (どのように)
5.顧客維持対策 (いかに継続するか)
6.組織対策    (平屋建=10人以内・二階建=11人~30人)
7.資金と経費対策(パーヘッド自己資本30M・自己資本比率50%)
8.時間対策    (朝7:30出社し、決死型5倍=4,140h働く覚悟)

次に、経営をよくするアクションプラン

1.社長の経営に対する「事業の目的意義を明確にし」
 「熱烈な願望」「ビジョン」を打ち出す

2.経営の目的:顧客の創造=NO.1の商品・サービスにて世の中の
 お役に立ち、会社と社員の成長実現

3.目標の設定:(1)何を(商品・サービス)(2)どこで(地域)
 (3)誰に(顧客)同時に範囲を決める

4.戦術リーダー (1)伍長(4人の部下を持つ)係長
 (2)課長(部下の指導専念) (3)部長(5人以上課長)

5.将軍の役目
 (1)戦う相手を決める
 (2)なぜ戦争をするかの大義名分を明確にする  
 (3)戦う相手の情報を収集する
 (4)どの兵器を主力とし、補助の兵器を何にするか決定
 (5)どの戦場を中心とし、戦場の範囲を決定
 (6)戦場へ進軍するルートを決める  
 (7)戦う陣形を決定
 (8)部隊編成し、部隊長決定
 (9)兵士の教育訓練方法決定
 (10)軍資金を計算し、集める方法と配分割合を決定
 (11)武器や食料の補給方法(兵站へいたん)決定
 (12)作戦計画書作成

6.実行手順のウエイト付 (1)願望、熱意、決断力、向上心:53%
 (2)目的、目標、情報:27% (57%)
 (3)戦略・仕組作り:13% (29%) (4)戦術:7% (14%)
 Σ100% ⇒ 戦略86%・戦術14%=6:1

7.ランチェスター第1法則:攻撃力は兵力数×武器性能(質)=
 一騎打戦の法則=劣勢軍(弱者)の戦略
 ランチェスター第2法則:攻撃力は兵力数2 ×武器性能(質)=
 間隔戦の法則=優勢軍(強者)の戦略

8.弱者の目標設定原則:
 (1)競争力強い商品・サービスでシェア1位のエリア作り
 (2)差別化 (3)ニッチトップ
 (4)商品・サービスを絞り込み、エリアも絞り込む
 (5)エンドユーザーに接近戦で戦う (6)競争目標と攻撃目標分離

9.社長の戦略実力の通信簿:パーヘッド純利益と
 パーヘッド自己資本は、幾らか?

勉強すればするほどシンプルで分かりやすいのが特徴であり、
一言でいえば、とにかく一番になる戦場を見つけて、
そこで戦う    です。

 

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム 自分の信用情報ゲット方法とブラック情報
  2. 洲山コンサルタントコラム 底なしの借金地獄から脱出せよ!! 究極のリセット選択=自己破産開…
  3. 洲山コンサルタントコラム 問題の先送りはNG!
  4. 洲山コンサルタントコラム 借金500万円の返済が一日で0円になった物語
  5. 洲山コンサルタントコラム 2007年を振り返り、光り輝く2008年に向けて
  6. 洲山コンサルタントコラム ABC理論のいろは ⇒ 事業再生実現への第一歩スタート
  7. 洲山コンサルタントコラム リッツカールトンのクレドに学ぶ!
  8. 洲山コンサルタントコラム 出口戦略は、出来てまっか?を考える
PAGE TOP