洲山コンサルタントコラム

49期連続黒字の滋賀ダイハツの後継者育成に学ぶII

分社経営とマネージメントゲーム(MG)で、経営者育成
組織づくりの基本は、全てをフラットにすることを重要視し、
次の名言を残しています。
「社員はすべて利口であり、社員に任せた方がうまくいく
という考え方で経営を行うべきだ。」
「小さなチームを作り、リーダーに全てを任せる。」
「理想は、全社員を経営に引きずり込むこと。」
その考え方を実践するために、分社制度を採用して、若く、
資格等級など関係なく、分社長に任命できる仕組みを作り上げて、
活性化が出来、大成功した。

そして、全社員が経営を理解して、キャッシュがなくなると
倒産する事を疑似体験でき、決算をマトリックス会計でする事により、
簿記会計の知識がなくても経営が体感できる
「マネージメントゲーム(MG)を教育に採用して、
徹底的に学びました。

また意識改革では、「赤字は悪や」
「二位は、ビリと同じだ、負けなのである」を言い続け、
社員を鼓舞し続ける信念が、強いリーダーシップとなり、
様々なアイデアが売上アップにつながりました。

以下、次号に続きます。

 

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム 出口戦略は、出来てまっか?を考える
  2. 洲山コンサルタントコラム いかなる窮境企業でも、道は開ける
  3. 洲山コンサルタントコラム 倒産破産危機から復活し、本店新築の木村社長物語完結編
  4. 洲山コンサルタントコラム 光り輝く新年を迎えて、石の上にも3年の決意表明!
  5. 洲山コンサルタントコラム 自分の信用情報ゲット方法とブラック情報
  6. 洲山コンサルタントコラム 借金30億からの大逆転!事業再生7つの法則セミナー!
  7. 洲山コンサルタントコラム ホテルの再生は、温泉とくつろぎ&癒しがキーワード!
  8. 洲山コンサルタントコラム リスクマネージメントノウハウその16 M&A活用による…
PAGE TOP