洲山コンサルタントコラム

ヤミ金対策

本号は、洲山が最近のヤミ金解決事例を披露します。

ヤミ金とは、「闇金」と書きますが、
やはり漢字のほうが、迫力が伝わりますね。

大昔は、「トイチ」と言い、10日間の金利が1割のことを指していました。
即ち、10日で1割なので、1ヶ月は、3割であり、年間360%となります。
ということは、
100万円借りると、10日で10万円、1ヶ月で30万円
年間では、360万円の金利となります。

でありますから、資金繰りが持つはずがありません。

しかし、トイチは、古き良き時代の金利体系であり、
洲山が喜望大地を創業した頃は、
トイチではなく、「トサン」でした。

つまり、10日で、3割、1ヶ月で9割となり、
年間では、アット驚く108割=1,080%なので、
100万円借りると、10日で30万円、1ヶ月で90万円
年間では、驚愕の金額 1,080万円  \(◎o◎)/

スゴイですね!

喜望大地のコンサルティング先では、過去5年間ぐらいは、
ヤミ金の話は、なかったのですが、最近2件ありました。

その1件の事例ですが、
A社・B社・C社・D社と4社から借りていました。

A社から150万円借りて、月2回・金利として
30万円×2=60万円のペースで、
4ヶ月間で226万円を払っていました。

B社からは、200万円借りて、月2回・金利として
40万円×2=80万円のペースで、
3ヶ月間+10日間で、241万円を払っていました。

C社からは、150万円借りて、金利として
2ヶ月間+1週間で、134万円を払っていました。

D社からは、120万円借りて、金利として
12日間で、23万円を払っていました。

どう考えても、バカバカしいことを何故するのか?

目先の150万円程度を借りて、3ヶ月経てば、
金利名目だけで、180万円も払い、
然も、月2回ターミナル駅の車の中で、金利だけ渡す無駄な時間が
必要で、月間にすれば、丸一日潰してしまいます。

ヤミ金は、違法行為であり断固とした姿勢で臨めば、道は拓けます。

根拠は、
1.ヤミ金は出資法違反であり、罰則は、10年以下の懲役か
 3,000万円以下の罰金に処せられる犯罪行為。
2.ヤミ金の貸付契約は、民法90条の公序良俗違反であり、
 契約は無効であり、利息は支払う義務がありません。
3.借入れた元金は、民法708条の不法原因給付であり、
 返済する義務もなく、返済したお金を不法利得として返還請求できる。

そこで、現実的な解決策としては、
A社・B社は、過払い金利を返せと言わない代わりに、現状で終わり、とし、
C社には、150万円-134万円=16万円支払い、終了し、
D社には、120万円-23万円=97万円支払い、終了としました。

もしも、ヤミ金で僅かなお金を借りて、その額以上の金利を払うような、
ことをされてる場合は、一刻も早く、縁を切りましょう。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム 出口戦略は、出来てまっか?を考える
  2. 洲山コンサルタントコラム 銀行の元金・利息のビジネス的意味の考察
  3. 洲山コンサルタントコラム M資金詐欺! から学ぼう!
  4. 洲山コンサルタントコラム ICHIROに学ぶ、目標設定こそ、事業再生の鉄則!
  5. 洲山コンサルタントコラム 49期連続黒字の滋賀ダイハツの後継者育成に学ぶII
  6. 洲山コンサルタントコラム 取込詐欺に気をつけよう
  7. 洲山コンサルタントコラム 資金ショートを乗り越える心構えのいろは
  8. 洲山コンサルタントコラム 事業再生の絶対条件とは何ぞや?
PAGE TOP