洲山コンサルタントコラム

令和元年を寿ぎ、新年の決意

令和元年おめでとうございます!

約30年前の昭和から平成に代わる時代は、
昭和天皇がご病気で、「歌舞音曲かぶおんきょく」の
自粛ムードが長く続き、お祝い事や記念式典などが、
自粛となり、世の中が暗かった思い出があります。

今回は、譲位による御代替わりなので、
『令和』を歓迎ムードの中で、
厳かに退位の式典や即位の式典が公開されて、
国民がこぞってお祝いムードでしたから
良かったと感じています。

昭和28年生まれなので、終戦後の貧しい時代背景を
知っていますし、
一家にTVが無い時代に、力道山の活躍を近所の方々と
一緒に見ていた思い出があります。

高校3年生の受験シーズンは、大阪万博が開催されており、
親戚に居候しながら、万博会場に通った思い出もあります。

昭和50年に大正13年祖父が創業した家業に就職し、
年商1億円の家内業から28年かけて50億円まで拡大し、
ベンチャーキャピタル4社から約2億円の出資を受けて、
IPOを目指すも、調子に乗りすぎて、
負債30億円を抱えて、破綻のピンチに陥り、
組織再編とM&Aによる事業再生を体験しました。

ジェットコースターのような人生ですが、
50歳を迎えて、0からのスタートではなく、
マイナス30億円からの再スタートをするのに際して、
自分の挫折体験から学んだ事業再生ノウハウを生かす、
「事業再生家」として開業の決意をしました。

幸い、第二の人生は艱難辛苦を乗越えて軌道に乗り、
大阪本社と東京本部の2拠点で、全国区の活動を展開しています。

また、娘3人も負債30億円のとんでもない父親がいるにも拘らず、
勇気と愛情あふれる良縁に恵まれ、長女夫婦は同居し
スープの冷めない距離に次女・三女ファミリーは新築し、
孫6名の子宝にも恵まれて、一家集合すると14名の賑やかな大所帯です。

事業再生コンサルティングからスタートし、
その後、事業承継やM&Aでもサポートできる体制が構築出来て、
今後は、相続に関するサポートもメニューに追加して、
お役に立ちたいと願っています。

私洲山も、事業承継をする年齢に達したので、
後進の育成と悩める社長の救世主としての活動を
令和12年(2030年)の喜寿の祝いを現役で迎えたいと決意し、
孫の結婚式には、自分の足で歩いて参列する個人目標を設定して、
健康に留意しながら、生涯現役の人生を
明るく! 元気に!! 前向きに!!!
生きる決意をしました。

令和の時代もよろしくお願いいたします。

 

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム 大阪観光局理事長溝畑宏氏の大分での奇跡に学ぶ
  2. 洲山コンサルタントコラム 会社再建か? 事業再生か? の考察
  3. 洲山コンサルタントコラム 決断と実行で、手形不渡危機を乗り越える!
  4. 洲山コンサルタントコラム 遅延損害金をどう考えるか?誠意と熱意により道は拓ける
  5. 洲山コンサルタントコラム 洲山処女作「銀行にカネは返すな!刊行記念トークショー
  6. 洲山コンサルタントコラム 大阪維新の会を率いる橋下徹を斬る
  7. 洲山コンサルタントコラム 諦めなければ、事業再生は出来るものです
  8. 洲山コンサルタントコラム リスクマネージメントノウハウその2 定期預金の解約ノウハウ開陳
PAGE TOP