洲山コンサルタントコラム

相続まるごと解決センター事業説明会案内

本号は、喜望大地代表の洲山から、事業承継コンサルの折に、
ご要望の多かった、相続に関するサポートを
ワンストップで可能な団体として、
一般社団法人相続まるごと解決センターを設立して、
スタートしますので、そのご案内をさせて頂きます。

今回は、専門士業の先生方やライフプランナー・生命保険代理店様への
事業説明会のご案内です。

少子高齢化と医学の進歩で、いま大きな問題となっているのが、
財産を持った高齢者の認知症対策です。

認知症になる確率は、
90歳だと、男性で、約49.0%で、女性は、65.1%なので、
男性で二人に一人、女性で三人に二人は、認知症になります。

男性の平均寿命は、80.98歳ですが、健康寿命は、72.14歳であり、
女性の平均寿命は、87.14歳ですが、健康寿命は、74.79歳です。

つまり、不健康期間が、男性では、8.84年、女性は、12.35年もあるのです。

認知症になると、自分の財産である定期預金も引き出せなくなり、
ご自身の治療費や入院費の支払にも難儀します。

唯一の相続人であるべき息子や娘でも、引き出しは出来ません!

そこで、引き出すには成年後見人を付けるしかなくなり、
それは、親族ではなく、専門士業がほとんど選任されるので、
費用が発生します。

例えば、財産5千万円の方に、成年後見人が選任されると、
後見監督人(成年後見人の見張り番的な立場)も含めて、
毎年108万円の費用が発生し、10年生存されると1,080万円、
20年生存だと、2,160万円もの巨額費用が、財産から流出します。

所有不動産が、いい買手がついても、成年後見人がつくと、
自由に売買出来なくなります。
理由は、成年後見人の使命は、依頼人の財案を守り減らさない事なので、
今が売り時とかの判断は、馴染まないのです。

そこで、準備すべきは、ご自身の意識がしっかりしている時に、
『任意後見契約』で、信頼できる家族や団体を後見人に選任しておけば、
大きな費用発生は、防止できます。

また、争族(あらそうぞく)とならない、円満相続のためには、
正しい『遺言』と『生命保険』の知識が必要です。

そこで、専門士業の先生方やライフプランナーの方々と
パートナーシップを組んで、相続のサポートを実現致したく、
事業説明会を開催しますので、
是非、ご参加下さい。

東京会場:10月8日(火)
1部:14:00~15:00
2部:17:00~18:00

10月18日(金)
1部:15:00~16:00
2部:18:00~19:00

大阪会場:10月9日(火)
1部:14:00~15:00
2部:17:00~18:00

10月17日(木)
1部:15:00~16:00
2部:18:00~19:00

注:1部、2部とも、同じ内容なので、ご都合のいい時間にご参加下さい。

参加のお申し込みはこちらのフォームから
⇒ https://souzoku-all.jp/briefing/

もしくは、相続まるごと解決センター0120-69-8888
にTELお願いします。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム 再生のスタートは、社長の見栄とプライドを捨てること!
  2. 洲山コンサルタントコラム 洲山処女作「銀行にカネは返すな!」
  3. 洲山コンサルタントコラム IPOと事業再生は紙一重?
  4. 洲山コンサルタントコラム 10月末1億5,000万円資金ショート企業を救え!&出版記念・大…
  5. 洲山コンサルタントコラム 事業用不動産を活用し、しかる後に買戻し作戦!の実例
  6. 洲山コンサルタントコラム 500号記念 父の日に、お父さんありがとう
  7. 洲山コンサルタントコラム リスクマネージメントノウハウその11 公正証書契約のリスクをマス…
  8. 洲山コンサルタントコラム 手形不渡り危機回避作戦 無事年を超えるノウハウ!
PAGE TOP