洲山コンサルタントコラム

洲山から、年頭所感『天は自ら助くる者を助く』

頌春

光り輝く令和3年が始まりました。

コロナ禍が続き、不安な日々ではありますが、
朝のこない夜はない、
夜明け前が一番暗い、
等の先人の教えを胸に、与えられた環境の中で、
ベストを尽くし、自分の人生は、自ら切り開きましょう!

本年も宜しくお願い致します。

さて、

忙中閑あり 丸の内ホテルの思い出

久しぶりに丸の内ホテルに行きました。

約15年前の、まだ、経営コンサル駆け出し時代に、東京にオフィスがなく、
問い合わせの面談場所に難儀してた時代に、
東京駅丸の内北口徒歩1分にあり、
出来たばかりの丸の内オアゾの核テナントの
丸善書店の入居ビルの上層階にあり、
アクセス抜群で、地方の方でも迷わず行ける立地

然も、歴史を調べると、洲山の祖父が創業した大正13年開業で、
そのテープカットには、日露戦争の英雄、
東郷平八郎が務めたストーリーにも、親近感が湧きました。

そこで、当時は、9Fにクラブラウンジがあり、年会費3万円払い、
メンバーになり、東京の面談場所に利用させて頂き、大変助かりました。

そのおかげで、八重洲に小さなオフィスを借りられて、
今の品川オフィス150坪につながりました。

今は、クラブラウンジがなくなり、会議室に代わってましたから、
良いタイミングで、クラブメンバーとして活用させて頂き感謝します♪

今の丸の内ホテルの開業式典には、
確か、東郷平八郎のお孫さんがテープカットされたとの由
素晴らしいです!

洲山の家業は、
洲山が、年商1億から50億に拡大し、破綻しましたが、
情けない3代目である洲山の長女と三女が再興して、
一度落としたバトンをつないでもらい、
本年は、創業97周年となります。

娘たちには、あと3年頑張ってもらい、
令和6年には、家族でささやかに、創業100周年を祝いたいと、願っています。

新年にあたり、
家族も事業も継続することに価値があるので、
コロナに負けず、明るい未来は、

『天は自ら助くる者を助く!』
の教えを実践すべきだと確信します。

キーワードは、『気概』です。

解説:
「Heaven(God) helps those who help themselves.」の訳語。

他人に頼らず、自立して努力する者には天の助けがあり、
必ず幸福になるという意味。

怠惰な者には、決して幸福は訪れないということ

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 洲山コンサルタントコラム 消費者金融大手の過払い金関連費用は、ナ、ナント1,368億円!
  2. 洲山コンサルタントコラム 事業再生を成功するには、危機を乗り越える正しい判断により道は拓け…
  3. 洲山コンサルタントコラム 49期連続黒字の滋賀ダイハツの後継者育成に学ぶIV
  4. 洲山コンサルタントコラム 創刊記念
  5. 洲山コンサルタントコラム ホテルの再生は、温泉とくつろぎ&癒しがキーワード!
  6. 洲山コンサルタントコラム 令和元年を寿ぎ、新年の決意
  7. 洲山コンサルタントコラム リスクマネージメントノウハウその8 無手勝流では自爆しちゃうよ
  8. 洲山コンサルタントコラム いかなる窮境企業でも、道は開ける
お問い合わせ

PAGE TOP