買い手として手を挙げる企業とはどのようなところか?

買い手として手を挙げる企業とはどのようなところか?

買い手企業の目的

M&Aで買収を検討する際に、買収希望企業はどんな目的で買収しようと考えているのでしょうか。

会社譲渡(事業譲渡)をする側が、相手の要望を理解しなければ、WIN-WINのM&Aは成立しません。
ポイントを把握し、少しでも高値で売却できるようにしましょう。

買収目的は、ひとことでいうと企業の成長です。
同業種の買収であれば、単なる売上アップだけでなく業界でのシェアを拡大することができます。
異業種の買収であれば、リスク分散になります。

つまり、関連のない事業を並行して経営することで、共倒れリスクが低減できるということです。
社内で全くノウハウのない新規事業をゼロから立ち上げるのは、膨大な時間と資金が必要な上、軌道に乗るかどうかわかりません。
そのような投資で失敗するよりも、M&Aで買収した方がノウハウも設備も手に入るため効率がよいのです。

M&Aのメリットは時間短縮

買い手として手を挙げる買収希望企業には、上場後の企業やこれから上場を目指す企業が多いとされています。

株式上場というのは、狭き門。
上場するためには、証券取引所の審査を通過する必要があり、主に形式基準(純資産額や設立経過年数、株主数など)と実質基準(収益性や継続性、健全性など)がチェックされます。

社内で新規事業を立ち上げ、人材を確保しコストをかけながら育てていくよりも、すでに市場で確立した事業を買う方が時間がかかりません。

また上場後であれば今まで以上の資金調達も可能ですから、M&Aによって短期間で急成長が叶います。
M&Aは単独で成長する以上のスピードが得られます。事業を買うというよりも、時間を買っていると捉える方もいるくらいです。

M&Aの様々なニーズ

買収希望企業のニーズは様々です。

事業を求めているのはもちろんですが、ブランドを例に考えてみましょう。
ブランドは信頼の積み重ねですから、老舗企業であればあるほど高評価になります。

よく人間関係を語る際に、信頼は金銭で買えない、と言われることがありますが、M&Aなら信頼を買うことが可能です。
仕入れ先の買収でコスト削減を図るのも、ありがちなパターンでしょう。

他に、優秀な人材、海外拠点、免許、不動産、特許など、会社譲渡においてこれらはすべて資産と見られます。

さらに上記のようなニーズを満たした上でのことですが、あえて累積赤字の企業を選ぶケースもあります。
これは節税効果を狙っています。

譲渡企業にとっては当たり前のことが、買収希望企業目線で見ると非常に魅力的であることは多々あります。

喜望大地のコンサルティングは仲介ではありません。
譲渡側の味方として、強みを活かせるご支援をさせていただきます。

会社譲渡・事業譲渡をご検討されている方へ

◆経営者の高齢化が進むも、後継者不在
◆事業を存続させるためのM&A
◆利益を見据えた支援体制

詳細を読む

会社譲渡をするとどうなるのか?

◆社長の連帯保証・担保提供
◆従業員の雇用維持や処遇
◆会社譲渡で社名は残せる?

詳細を読む

会社譲渡・事業譲渡(M&A)の手順と当社の支援業務

◆理想を叶える能動的なM&A
◆専門家に相談する前に
◆喜望大地のM&A支援

詳細を読む

会社譲渡・事業譲渡に対する誤解

◆M&Aは大企業に限った話?
◆特徴のない中小企業でもM&A
◆債務超過の中小企業こそM&A

詳細を読む

近年、特に買収ニーズが強い業種とは

◆人気業種は売り手市場
◆ニーズが強い業種の共通点
◆具体的な業種紹介

詳細を読む

会社売却、成功のポイント

◆成功の分かれ目は売却時期
◆買収希望企業の視点を持つ
◆決意を見失わない

詳細を読む

会社譲渡・事業譲渡の成功事例

◆連帯保証が負担で会社譲渡した事例
◆仲介型でないことが強み
◆本音が言える関係

詳細を読む

M&Aとは

◆M&Aの概要
◆会社譲渡と事業譲渡の違い
◆中小企業側で見るM&Aのメリット・デメリット

詳細を読む

M&Aにおける株価の評価手法

◆中小企業の株価
◆様々な株価の評価手法
◆株価を有利な交渉材料にする

詳細を読む

譲渡希望価額と譲受希望価額

◆異なる希望価額
◆事業譲渡の価額はなぜ下がる
◆シナジー効果で付加価値を

詳細を読む

成功する”M&A”徹底解説

◆M&Aにおける成功とは?
◆中小企業のためのM&A
◆支持されている最大の理由

詳細を読む

喜望大地が選ばれる理由

◆売り手に特化したM&A
◆借金があってもM&A
◆喜望大地が選ばれる理由

詳細を読む

成功するM&Aの流れ

◆M&Aの準備段階
◆交渉とデューデリジェンス、売却契約
◆重要な売却のタイミング

詳細を読む

   
PAGE TOP