会社譲渡・事業譲渡の成功事例

会社譲渡・事業譲渡の成功事例

連帯保証が負担で会社譲渡した事例

大手企業と異なって、中小企業の社長は会社の借入金の連帯保証をしている場合がほとんどです。

事業再生を終え再成長段階に入ったクライアント様から
「会社は立ち直れたけど、正直言うと、もう連帯保証を負うのに疲れたんだよね。
〇〇億円位で会社を売却して、連帯保証も外してもらって、でも社長を続けるって無理かな?」
とご相談を受けました。

社長の年齢は40代。
窮境状態だった会社を見事回復させた、優れた才覚の持ち主です。

とはいえ、これまで苦しい経営が続いたからこそ連帯保証の重みをよくご存じでした。
個人保証は銀行借り入れのみではなく、リース会社とのリース契約の連帯保証や、不動産賃貸借契約の連帯保証などもあります。

我々はこのご相談後、すぐにM&Aプランを作成し、満足いく金額で売却し連帯保証も外れ、社長業も続投が叶いました。

仲介型でないことが強み

後日、
「売却側に特化した立場をとってもらったのが良かった。
仲介型のM&Aコンサルだったならば、こんなタフな交渉はできなかったと思う。」
というありがたいお言葉をいただきました。

喜望大地では中小企業の発展に貢献することを理念としています。
したがって、最後まで中小企業(譲渡企業側)に特化した支援を行います。

M&Aといえば、買い手と売り手をマッチングさせる「仲介型」がスタンダードかもしれません。
そのすべての調査はできかねますが、中立公平な仲介は無理があるというのが率直な意見です。

買収希望企業である大手企業は、仲介業者にとって今後も取引の可能性があるお得意様です。

一方、売り手側の中小企業は生涯で唯一の売却で、知識は皆無です。
この差、ものすごいハンデだと考えられないでしょうか。

本音が言える関係

喜望大地でご支援させていただいた会社売却事例から、見事に解決した成功事例をご紹介しましたが、これが特殊な例ではございません。

特に、資金繰りの解決を得意としていますので、クライアント様とは辛い時期を共有している分、本音を言いやすいというのはあるかもしれません。
クライアント様が本当にやりたいとおっしゃることを、ベストな形で実現するようサポートするのが喜望大地です。

M&Aを通じて「企業の存続と発展」や「後継者不在の解決」を解決したいというご相談もあれば、「創業者利益の獲得」で別の事業に挑戦したいという方もいらっしゃいます。

喜望大地の強みは、M&Aだけでなく中小企業の経営者に寄り添い、赤字であっても再生も含めて一気通貫でご支援できることです。

会社譲渡・事業譲渡をご検討されている方へ

◆経営者の高齢化が進むも、後継者不在
◆事業を存続させるためのM&A
◆利益を見据えた支援体制

詳細を読む

会社譲渡をするとどうなるのか?

◆社長の連帯保証・担保提供
◆従業員の雇用維持や処遇
◆会社譲渡で社名は残せる?

詳細を読む

会社譲渡・事業譲渡(M&A)の手順と当社の支援業務

◆理想を叶える能動的なM&A
◆専門家に相談する前に
◆喜望大地のM&A支援

詳細を読む

会社譲渡・事業譲渡に対する誤解

◆M&Aは大企業に限った話?
◆特徴のない中小企業でもM&A
◆債務超過の中小企業こそM&A

詳細を読む

買い手として手を挙げる企業とはどのようなところか?

◆買い手企業の目的
◆M&Aのメリットは時間短縮
◆M&Aの様々なニーズ

詳細を読む

近年、特に買収ニーズが強い業種とは

◆人気業種は売り手市場
◆ニーズが強い業種の共通点
◆具体的な業種紹介

詳細を読む

会社売却、成功のポイント

◆成功の分かれ目は売却時期
◆買収希望企業の視点を持つ
◆決意を見失わない

詳細を読む

M&Aとは

◆M&Aの概要
◆会社譲渡と事業譲渡の違い
◆中小企業側で見るM&Aのメリット・デメリット

詳細を読む

M&Aにおける株価の評価手法

◆中小企業の株価
◆様々な株価の評価手法
◆株価を有利な交渉材料にする

詳細を読む

譲渡希望価額と譲受希望価額

◆異なる希望価額
◆事業譲渡の価額はなぜ下がる
◆シナジー効果で付加価値を

詳細を読む

成功する”M&A”徹底解説

◆M&Aにおける成功とは?
◆中小企業のためのM&A
◆支持されている最大の理由

詳細を読む

喜望大地が選ばれる理由

◆売り手に特化したM&A
◆借金があってもM&A
◆喜望大地が選ばれる理由

詳細を読む

成功するM&Aの流れ

◆M&Aの準備段階
◆交渉とデューデリジェンス、売却契約
◆重要な売却のタイミング

詳細を読む

 

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

   

関連記事

 
    坂本利秋コンサルタントコラム

    この度、 中小企業の会社売却をマンガで説明したランディングページ LP(簡易HP)をオープンしました。 5分程度で読めるマンガなのですがポイントはしっかり抑えています。 今すぐでなく何年か後には検討し…

    坂本利秋コンサルタントコラム

    円滑化法のもと、推定40万社が返済猶予中と言われておりますが、 2006年版中小企業白書によると、同規模の年間29万社が廃業です。 廃業理由の内、実に7万社が後継者不在によるものです。 長い目で見れば…

    洲山コンサルタントコラム

    今日は時事問題の解説とその本質に鋭く迫ります 元横綱 若の花(花田勝氏)と貴乃花親方(元横綱貴乃花)との 相撲界兄弟バトルは、お兄ちゃんの相続放棄で、幕を閉じそうですが? 其の影には、貴乃花親方の巨額…

    坂本利秋コンサルタントコラム

    日曜に事務所に資料を取りに行くと、机に年賀状の束。 うーん。やっちゃえ!で20日に書き終えて投函。私史上最速。 来年はどんなスタートかなあ。 そうだ1月22日にセミナー開催があったのだということで告知…

    坂本利秋コンサルタントコラム

    中小企業経営者にとって重要な監督指針が、 平成23年7月14日に金融庁より公表及び同日適用されました。 『今後締結する借入に対し、経営にタッチしていない第3者の連帯保証は、 原則認めませんよ』という監…

PAGE TOP